なぜ中華系と言うのか?

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

今回、中華系テレビ局からの申し出と、
チャリティーオークションなどの募金活動についての
プレスリリースを皆さんにお送りしたところ、
数人の方から、
「なぜ中華系と表現するのか?」
「この中に台湾人は含まれているのか?」との
お問い合わせを頂いた。
J-goodsでは、2004年から「中華系」という表現を使っている。
これには、「中国大陸出身者」「台湾人」
「香港人」「華僑」など、全ての中華民族の方々を含めていると考えている。
そもそも、中国人との表現に違和感を覚える台湾出身者も多い、
さらに華僑の人たちの中にも、中国人と一括りにされることを
嫌がる人もいると教えられたのがきっかけ。
中国語で情報を発信するメディアとして、
受け取る側が違和感をもつ表現は、少しでも慎みたい。
そこで、周りの台湾出身者、大陸出身者、香港出身者からの
意見を総合し、「中華系」と表現することに決めたのだ。
単一民族単一言語国家の日本人にしてみたら、
やっぱりなかなか気付かないポイントだったなと、
深く反省したものだった。