日本加油イベント、その後1

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

4月29日(金)
中華系テレビ局HTTV主催
東日本大震災被災者救援チャリティーディナーショー
そう先月29日に行ったのだ。
J-goods_Press_Release0429.pdf
いやはや、大変だった。
まず、日本から戻ってきた私を待っていたのが、
J-goods4月号の入稿準備とそしてこのイベント準備。
J-goods4月号は、親の葬儀の関係で、通常の発行スケジュールを
一週間遅らせての入稿。
出社したその日に、デザイナーとして日本から迎えた
HKが初出社。
そうこうしてバタバタしていると、HTTVのEvaから、
「イベントの準備は順調か?」
「あなたは今回このイベントがちゃんと出来るのか?」と
矢継ぎ早の質問。
乗りかかった舟どころか、もう乗ってしまった舟なので、
「大丈夫、やるよ」と答え、突き進むことに。
まずは、集まった義援金をどこの機関を通して日本に送るのかを最終決定しなくては。
中華系から預かる大事な善意、気持ちも一緒に受け止めてくれる団体とやりたい。
直接自分で電話して、自分の脚で相手に会いに行って、
どこの団体を通すか見極めようと思った。
ある団体は、中華系の善意をあまり良く言わない所があった。
ほぼそこに決めていたから、かなりショックを受けて途方に暮れているときに、
以前からお世話になっていた、オーロラ基金の阿岸先生に会った。
早速いきさつを説明すると
「いいわね、ぜひ一緒にやりましょう。
私も中華系と何かをやるのははじめてだから、楽しみだわ」と。
そして、阿岸先生の
「折角アメリカにいるんだから、日本人だけを対象にするのではなく、
いろんな人種も一緒に巻き込むことが大切」との考え方も、
今回のプロジェクトと合致していたし!
とはいっても、中華系と何かをすることがはじめての
阿岸先生を加えてのプロジェクト遂行。
改めて、私も勉強になった思いだった。
続きは、その後2へ。