美魔女

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

LAC48を結成させよう!とバカな話しをしている。
Los Angeles County 48歳以下
48人集めるのは大変だし
48キロ以下だと、自分は入れない可能性もあるし
48歳以下なら大丈夫だ!
よぅし、LAC48のセンターだぁ!
美魔女が流行っている。
そのかたわらで「年相応の美」について語る記事を読んだ。
無理な若作りはむしろ「イタい」そうで。
私も「えー、若く見えるぅー」なんて、人様から言って頂いて、
かなり調子に乗っていた。
しかし寄る年波には勝てない。
ハリのなくなった顔、たるんだ二の腕、不必要に出てきたハラ、
さらに、四角くなった後ろ姿。
そんなんだから、数年前に気に入っていた服が似合わなくなっていることに
気付いているのに、目を背けていた。
美魔女なんて言葉でごまかさないで、現実と向き合って、
ステキ中年女子を目指すほうが、むしろ清々しいかも。
そうそう、先シーズンのドラマ「最後から二番目の恋」で、
キョンキョンがいい感じにちゃんと年を召され、
なんてったってアイドルじゃなくなっている姿に、ホッとした私。
自分とキョンキョンを重ねるという図々しさはさておき、
それでも、ステキに歳を取ったキョンキョンは、さすがだナーと思ったのだ。
久々の更新なのに、下らないネタで恐縮です。

時代の最先端?

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

確かずっと前、デザイナーのMYが、
「やえさんたちの時代って、いつも先端ですよね。
私は、いつもそれに憧れて、
いつかバブルを体験したいと思っていたら、はじけちゃうし、
女子大生ブームをみて、女子大生になりたいと思って、
自分が女子大生になったら、女子高生ブームになていて・・・’
なんてぼやいていた。
で、今クール、見始めたドラマ、キョンキョンと中井貴一の
「最後から2番目の恋」
これ、見ていてちょっとせつなくなった。
まるで自分が言っているみたいな台詞の数々。
キョンキョンはドラマの中で45歳。
そういえば、4、5年まえは「アラフォー」って、天海祐希のドラマが
流行語にもなった。
あの主人公はたしか39歳から40歳になるって話だった。
あのときも、聞き覚えのある台詞が随所に出てきていた。
最近ドラマヒロインの年齢層が上がっているナーって思っていたら
やっぱり、そういうことだったのよね。
要するに、世の中、私たちの世代にいつも注目していて、
この世代が世の中の消費を牽引しているってこと。
1960年代から70年前半に産まれた人たち。
はいはい、確かに貪欲です。
生きること全てに!
美味しい物の為ならとことん情報収集もするし、
自分の目で足で舌で試してみないと気が済まない。
おっ、なるほど、ってことは、
広告を作る上ではトクなことなのかもしれないな。
私たちが「食べたい」「欲しい」「行きたい」って思う広告は、
それなりに効果が出やすいということなのかも。
J-goods2月号、ラーメンカタログ
ただ今制作中。

アメリカ生活が長くなると

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

人と話をしていると、「土橋さんって、ずっと前、JTBにいましたよね」とか、
「ツアーガイドをしていたでしょ?」とか、時々言われることがある。
それって、実はもう10年どころじゃない昔の話しなのだが。
あとは「あれ、ラジオに出ていました?声に聞き覚えがあります」とかも。
先日は某企業様の竣工式で、
「実は、私ずっと土橋さんに航空券を注文していたんですよ」と、
あるメディアの方に言われた。
ありがたいことだ。
嬉しいことだ。
でも、ちょっと恥ずかしい。
自分の中では、その時その時で、
自分なりに精一杯仕事をしてたつもりである。
もちろん今でもまだ未熟でダメダメだけど、
今思えば、当時の私はもっともっと未熟でダメダメだったと、
最近はわかる。
あのころは、これでOK、自分は頑張ったと思ったことも、
今考えると、もっとできたとか、今ならもっと良くできるとか。
さらにはやっぱり、あのころは凄いことをしていたつもりでも、
今になると、「そんな入社1年2年の新人が、
すごい仕事をできるはずもない」とよくわかる。
まっ、そんなことだらけなのだ。
そしてその未熟だった私のことを覚えていてくださる方が
たくさんいて、
機会があると声を掛けてくださる。
本当に幸せだなと思うと同時に、
自分の人生に責任を持つことの難しさを感じる。
アメリカ生活が長くなると、そんな自分の歴史を
人様と共有する部分も出てくる。
日本にいるよりも、この地にいる日本人が少ないぶん、
つながりや記憶も強くなる。
嬉しくもありがたくも怖くもある。

女子も草食化

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

前出の研究者お三方。
このうちの2人は独身で、現在彼女募集中。
そこで、私は周りの女の子に
「こんなすごい殿方が、彼女を募集中なんだけどどう?」なんて、
すっかりお見合いオバサンとなり、声を掛けてみた。
すると
「えー、私、のんびりしている人がいいんです」
「出世して欲しいなんて思ってないんです」
私「もしかしたら、将来はノーベル賞受賞者夫人になっちゃうかもよ」
「全然、興味ないですぅ」
だって。
あれ?
生き物として優秀な遺伝子を残せるチャンスなのに、
なにそのそっけない感じ?
なんで、もっとガツガツギラギラしないの?
そういえば、前にインターン生達と話していたときも
「恋愛ってめんどくさそう」とか言って、
二十歳そこそこの、超カワイイ女の子が、
男の子にあまり興味がないと言っていた。
二十歳そこそこなんて、女の子同士が集まれば
男の子の話しかしないものだと思っていたのに。
実際、私はそうだったのに。
なんか最近の若い子って、どこまで草食なの!
彼女募集中イケメン研究者の話を、デザイナーの山中女史にしたら
「えー、私、結婚していなかったら、超興味ありますよー!
燃えてきますよ!!」と。
まぁ、彼女は、結婚で出世も手に入れた
超一流の勝ち犬だから、その辺は、ずば抜けて貪欲だ。
でもなぁ、その位の方が、頼もしいし、
話していて、ワクワクするのになぁ。
さて、その素敵な研究者様方、
私がもっと若ければ、身の程も顧みず、
本気でお慕い申し上げたい所ではあるが、
さすがに同じ土俵に上げていただくのは失礼に当たってしまう。
よって引き続き、ガツガツとした、若い女の子を捜すことにしよう。
我こそは!と思う女子のみなさん、
ご連絡ください。

となりのトトロ

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

実は結構アニメオタクである。
宮崎アニメについては、ちょっと語れるくらい、と思っていた。
その私の持論が、宮崎作品の最高峰は「アルプスの少女ハイジ」で、
映画では「ナウシカ」。
トトロや千と千尋なんて甘い!
「えっルパン三世カリオストロの城?いやいや、あれはルパンじゃないでしょ」
なんて思っていた。
で、白状するとトトロをこれまでに、ド真剣に見たことがなかったのだ。
昨日はじめて、本気で見た。
場面背景の美しさは、ハイジに匹敵するし、
キャラクター設定の濃さも、コナン並。
子供から大人まで「トトロ・トトロ」って言う意味が、
今更ながら判った!
ジブリ美術館でも、トトロを題材にした展示物が一番多いのも
今更ながら納得。
村人みんなが、沼で捜索しているときに、
さつきがサンダルをみて「メイのじゃない」って言ったシーンでは、
嬉しくて思わず涙が出てきてしまった。
さつきチャンがしっかりしすぎているのが、ちょっと鼻についたけど
あれはナウシカとかラナとかシータとか宮崎作品にずっと出てくる、
女の子キャラだからしょうがないね。
というわけで、今回は今更ながらですが、ゆる系オタクネタでした。

先輩が亡くなった

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

前職のアナウンサーの仕事をするきっかけを作ってくださった方が
何人かいる。
その中の一人が、亡くなったと連絡が入った。
連絡をくれたのは、当時の同僚。
「久しぶりに電話したのに、良い話じゃないの」と。
亡くなったその先輩は、まず私に夏祭りの司会のチャンスをくださった。
それがきっかけで、その会社でアナウンサーをやらないかと、
社長さんから誘っていただいた。
私はとても迷っていた。
とても、とても・・・・。
でもそのときに、またその先輩が、
「やえちゃん、周りの人がなんて言おうと、
まずは自分の目で確かめてみるのもいいのかもよ」と
背中を押してくれた。
その一言で私はお誘いを受ける決心をした。
その言葉がなければ、たぶん、今の私はなかったと思う。
とても優秀な方だった。
私がLAで、最も尊敬している人の一人だった。
まだ40代。
ガンだったと聞いた。
武田浩美先輩
心からご冥福をお祈りいたします。

気が強い vs 我が強い

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

先日、仲良くさせていただいているクライアントさんと
「どう?最近、浮いた話しはないの?」なんて話題になった。
私「ないのよねー、全く」
ク「やえさんは、我が強いからダメなんだよ」
・・・・・えっ、我が強い?!・・・・
翌日、また別のクライアントさんとランチをした。
若くてハンサムな独身男性だ。
なんとなく「タイプの女性について」の話しになり
ク「嫌いなタイプは、我が強い女性なんですよ」と。
また、その次の日は、某新聞社の若手営業男性とランチ。
ここでも、なんだかそんな話題になり、
私「○○さんは、ハンサムだからモテるでしょ?どんな女性がタイプなの?」
某「タイプって特別ないんですけどね、我の強い女性は苦手です」
おいおい、奇しくも3人から連日のコメント。
で、後者の2人は、我が強い女性が苦手で、
で、人様の目に映る私は、「我が強い女」ということらしい。
人様からは「気が強い」と思われているだろう事は、自覚していたけど、
そんなんじゃなくて「我が強い」と思われていたいたんだぁ。
いろんな歌の中で「気の強い眼差し」とか、
「気の強い感じがいい」なんて、
基本的にはちょっと強めの女性が人気がある昨今だと思っていたけど、
「気」はOKでも「我」はNGなのね。
どこが違うのか、自問自答を続け
反省することにします。

カタカナの氾濫

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

日本の新聞やニュース番組などで使われるカタカナ言葉が、多すぎると思うことがある。
マニフェストって何よ?
政権公約じゃいけないわけ?
ユビキタスって?
コンプライアンスって?
IT関連の言葉は仕方ないとしよう。
新しい分野の言葉だし、それをいちいち日本語に翻訳していたら、中国語の
コンピューター=電脳
みたいになっちゃうし。
でも、元々日本語が存在していて、その言葉を普通の人が理解している単語を、
敢えて他の言語から引用してカタカナ言葉にする根底には、
どうも一般の人たちを、煙に巻こうとしている意図があるように思えて仕方ない。
政権公約と言われたら、守らなくてはならない約束事だとすぐに判る。
でもこれをマニフェストと言われると、守らなければいけないとの雰囲気が、
随分とソフトになるように感じる。
そう、それが狙いじゃないかと・・・・。
日本語の乱れを危惧する文科省だって、平気でこの手のカタカナ言葉を使っている。
矛盾しているじゃん。
言葉の乱れも気になるが、やっぱり一番気になるのは、曖昧にされて、ソフトにされて、
肝心なところをぼかして、煙に巻いているってこと。
それに気づかずにいたら大変なことになるんじゃないかなぁ。
海外にいるからこそ、海外で日本語を商売道具にしているからこそ、気になる、
最近の日本の状況である。

ロサンゼルス総領事館へ行くときの駐車場

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

ロサンゼルス総領事館の駐車場料金は高い。
用件を済ませて帰ろうとすると、$20を上回ることもしばしば。
ここのところ、領事館に出向くことが何度かあったので、何とかならないものかと、
周囲を探索したら、見つけたのだ!!
Hill と 3rdの角にある、Grand Central Market。
ここの駐車場!
入り口がわかりにくい上に、狭い敷地に作った立体なので、
ぐるぐると随分上まで行かないとスペースが無いことも多いが、
マーケットで$10以上の買い物をすると、バリデーションが出て1時間無料になる。
このマーケット、「人種のるつぼLA」的で、領事館の雅でセレブな雰囲気とはかなり違う、
メキシカン系。
だから、タコスなんかは、$1.50で量もたっぷり本場感たっぷりで旨い。
あっ、もちろん、決してきれいな感じじゃないから、
「私はお腹が弱いし・・・」という向きにはお勧めしません。
ポイントは、女性なら、アミーゴから買うべし。
$1.50のタコスだけでも、$10以上買ったことにしてくれた。
味をしめて、次の機会に、アミーガから$2のジュースを買ったら、$10にはしてくれず、
出口で$6の駐車料を払うハメになった。
と言うわけで、このGrand Central Marketを使うと、上手くすれば$1.50で、
駐車できることになり、旨いタコスも付いてくる!
次ぎに領事館へ行くときには、ぜひお試しアレ。

日本製率の高いカムリ

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

私は2007年のカムリに乗っている。
トヨタショック以来、頻繁にトヨタのディーラーから、
「良いディールがあるから、2010年のカムリに買い換えないか?」と電話がある。
確かに、頭金、ローン金利無しだったら、買い換えもありなのかな?と考えたりもした。
さて、このカムリを買うときに、知り合いから「ディーラーにある車をじっくり見て、
日本率の高いの探した方が良い」とアドバイスを受けた。
エンジン、トランスミッション、各部品、そしてアッセンブル。
それぞれの項目について、どこ製でどこで行ったかを記載した紙が、車に貼ってあった。
同じカムリでも、100%ケンタッキーで作られているもの、メキシコ率の高いもの、
そして日本率の高いものと、色々あった。
でも値段は同じ。
最終的に選んだのは、トランスミッションがケンタッキー製で、エンジンは日本。
各部品も80%が日本製、そしてアッセンブル(組み立て)もAichiとなっている、
最も日本製率が高いもの。
だから、窓ガラスには、JISマークが入っているし、もちろん車体番号も「J」で始まる。
その話しを、同じカムリに乗っているクライアント様のS氏と、
一緒にいたデザイナーの山中女史に話すと、目を丸くして
「えー、知らなかったぁ。」
「なんかJISマークがうらやましい」と。
もちろん、私もアドバイスされるまで全く知らなかったけどね。
と言うわけで、なんだか羨ましがられたので、買い換えるのを辞めることにした。
日本製は品質が高いって、やっぱり我々日本人も信じ込んでいる。
そうなんだよね、中華系や韓国系の人たちも、そう信頼してくれているんだよね。
裏切らないように、信頼に応え続けていかなきゃね!