やっぱり難しいね!

日記

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

発音がね、やっぱりちょっと難しいから、まずはそれを覚えましょう」と、う先生。中国語教室1回目の昨日は、「四声」の勉強から。日本語に全く存在しない音がたくさんあって、う先生の音と、自分が出している音の違いが全く判らない。
日本でも中国語教室を開いていたう先生によると、「みんなそのうち出来るようになりますよ」って。宿題も出されたので、週末頑張ります。
因みに昨日習ったのは、こんな言葉。
「我在打電話」(私は電話中です)
「我累了」(疲れたよー)
「我看了電視」(テレビを見たよ)
さて、現在J-goods 6月号を、南カリフォルニアの中国系大手スーパーマーケットで、好評配布中!
すでに広告主のレストラン様からは、「雑誌を持って中国人の客さんが来てくれたよ」なんて、コメントをいただき、ちょっと気分良く週末を過ごせそうな金曜日である。
untitled.bmp

中国語について

日記

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

J-goods サイトでは、日本語と2種類の中国語で情報掲載をしている。
この2種類の中国語というのが、なかなか日本人には理解しにくいシステムだ。
以前メルマガでその事を紹介したけど、もう一度おさらいしよう。
□■J-goods中国語のシステム講座■□
中国の国語(標準語)は、北京語(マンダリン)。ただ、広い国土にはたくさんの言語が存在し、広東語や上海語などは、北京語と比べ、文法や発音、単語がかなり異なっているため会話が通じない事もある。日本語で言うと、標準語と沖縄弁以上の違いがあるらしい。
使っている文字については、字画の多い『繁体字』と簡略化された『簡体字』の2種類がある。
地域によって、それぞれの言語と文字を組み合わせて使っているのだ。
中国大陸、台湾をふくめ、ほとんどの人は繁体字は読めるが、地域によっては、簡体字は読めない所もある。
地域による、主な組み合わせは下記。
北京 →北京語で簡体字 (繁体字も大体読めます)
上海 →上海語で簡体字 (でも北京語もわかり、繁体字も大体読めます)
香港 →広東語で繁体字 (でも北京語もほとんどわかります)
台湾 →北京語で繁体字 (簡体字は読めません)
要するに、中国大陸本土の人は、概ね北京語が通じ、文字は簡体字。台湾の人は、北京語で文字は繁体字。でもって、中国大陸の人は繁体字も理解できるが、台湾の人は簡体字は読めない。
我々日本人は「中国人」「中国語」とひとくくりにしているけど、実際は誰を対象に情報を発信したいのかによって、言葉も文字も違うってことになる。
と言うわけで、私の中国語勉強は、「マンダリン(北京語)&繁体字」の組み合わせで始めることにした。まずは自分が作っている雑誌くらいは、声に出して読めるようになりたいからね!

ごぼうチップス

日記

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

untitled.bmp
今、ごぼうチップスにはまっている。
きっかけは、J-goods 4月号の取材で行った、Hacienda Heights の居酒屋「おじや」さん。
ここでいただいたごぼうチップスに感動していたら、丁度SMAP x SMAPのビストロスマップでも草なぎ君が作ってた。
(写真はおじやさんのごぼうチップ。油でカリカリに揚げて芳ばしく、食べ出したら止まらない美味しさ)
というわけで、自分でもスマスマ流をトライ。
作り方は至って簡単。
ごぼうを食べやすい長さに切って、スライス。水にさらして灰汁をとってから、オーブンの網の上に並べて焼くだけ。好みで塩を振ってもいい。オリーブオイルを塗って焼くとカリカリに仕上がる。
ごぼうの甘味が凝縮されて、ビールのつまみにぴったりなのだ。
それに何と言っても、お菓子感覚で食べられるのに、食べていることに罪悪感がないのもうれしい。いかにも体に良い物を食べている気分になれる。
ダマされたとおもって、お試しあれ!
Ojiya
15904 E. Gale Ave.
Hacienda Heights
626-855-3500

加齢を考える

日記

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

昨日は誕生日を祝っておきながら、加齢を考えるというのもなんだか変なハナシではある。
自慢じゃないが4年前までは、20代に見られていた。
ところが、ここ4年で一気に15歳近く大人になってしまったらしく、最近では大体年相応に見られるようになった。
一体何が起こったのか、、じっくり鏡を見ながら考えた。
まず顔、確かに笑うと目尻のしわが目立つようになった。
鼻から口元にかけてのほうれいせんも、目につく。
全体的に口角も下がってきているようにも見える。
スタイル、おへその周りがタルタルしている。
これではイケナイ!
せめて見かけ年齢と実年齢は同時進行で行きたい。
知り合いで、四捨五入したら50歳になる女性がいる。しかし彼女の肌は30代、しわも少ないし、きめも整っている。聞けば、美顔器で毎日たゆまぬ努力をしているとのこと。
美は一日にしてならずなのだ。
というわけで、私も努力することにした。
使っているのは、Dr.Ci:Labo のAqua Sonic 。今のところ「小顔になったね」とか「若返ったね」等、外部からの反応はないが、1ヶ月後の自分に期待しながら続けることにしよう。
http://www.cilabousa-ch.com/
untitled.bmp

う先生の誕生日

日記

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

今日はう先生の誕生日。
かねてから狙っていた、Lomita にある日本人パテシエけいこさんが腕をふるう、Chantilly に、
紅茶のシフォンケーキをオーダー。
このシフォンケーキは、普段はウインドーに並んでいないので、前もってオーダーしないと食べられない代物だ。
さて、そのお味。甘味はかなり控えめで、アールグレーの風味が際だち、しっとりと滑らか。まわりのクリームも、シフォンのように軽い。みんなで「美味しいねー、これならぺろって食べられちゃうね」と大はしゃぎ。
untitled.bmp
う先生に、今年1年の抱負を聞いたら、私を中国語ペラペラにすること、、だとか。
はい、加油!!
Pâtisserie Chantilly
2383 Lomita Blvd. #104, Lomita, CA 90717
(310) 257-9454 phone
http://www.patisseriechantilly.com/