話題の塩麹

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

先週金曜日に、さぬきの里で
山梨のお酒「七賢」を楽しむ会というのを開催した。
IMG_0060.JPG
当日は定員26名参加の満員御礼状態。
全国新酒鑑評会で金賞を受賞した、七賢の「中屋伊兵衛」という、
日本でしか飲めないお酒を携えてやってきた、
七賢の13代目を囲みながら、
さらに、七賢以外にも山梨の銘酒
IMG_0062.JPG
富士山の湧き水で醸した銘酒「笹一」のお酒や、
「春鶯囀」、さらには山梨のワイン3種、
スパークリングの日本酒など、全8種類のお酒を堪能した。
これらは、山梨県や山梨の酒造メーカーから、
県産品のプロモーションのために預かった協賛品。
当日は、JETRO関係の方々や、マルカイの店長さん、
UCLAの研究者の方、弁護士さん等々、
当地での発信力のある方々集まってくださった。
そして北原さんから、今話題の塩麹のお土産付き!
IMG_0065.JPG
で、やっと本題。
イベント後、参加されたたくさんの方達から、
「お肉に塗って焼いただけなのに、すごく美味しかった!」
「魚との相性もぴったり」
「ゆで卵を漬け込んだら、めっちゃ旨い」
などのコメントが続々と届いた。
私はまだ使っていないけど、
週末にでも肉を買って焼いちゃおうかな!
今回の塩麹は、酒屋さんが作ったから更に美味しいのかも!!
というわけで、イベントのご協力下さった、
山梨県、山梨県酒造メーカー様、七賢の北原蔵元、
さぬきのボス、
そしてご参加下さった皆様、
ありがとうございます。
今後とも、山梨県をごひいきにお願いします!

アメリカに住んでいるのは白人ばかりではない!

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

今日付のMSNの記事。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/120619/amr12061915420004-n1.htm
「2010年に流入したアジア系移民は43万人、ヒスパニックは37万人。
1年間に米国に流入する移民のうち、
アジア系が36%を占めてヒスパニック(中南米系)の31%を上回り
最多となったことが、19日、米ピュー・リサーチ・センターが公表した
分析結果から明らかになった。」
これを計算すると、
2010年全米流入移民総数 119万4,000人
アジア系 36% 43万人
中国系    23.2%   9万9,760人
フィリピン系 19.7% 8万4,710人
インド系 18.4% 7万9,120人
日系 7.5% 3万2,250人
1年間でアメリカに渡ってきた数字に表れる中華系は、
10万人近く。
数字に表れにくい滞在者なども含めると、
かなりであることが想像できる。
もちろん、同じくヒスパニック系でも
不法滞在など把握できない数字もある。
が、いずれにしても、アメリカの消費を中華系を中心とした
アジア系の移民並びに旅行者が牽引しているという報道にも
うなずける。
そうですよ、アメリカに住んでいるのは、
金髪白人だけではないのです!!
日本からアメリカ進出を目指す企業のみなさんや、
ビジネスオーナーの方々のほとんどが、
アメリカには白人がメインで住んでいると思っているようですが?!
意外と、それがビジネスの落とし穴になっていたり、
盲点になっているような気がしてならない。
アメリカは多民族国家であり、
多文化の国。
白人だけを想定したビジネスモデルやマーケティングでは、
アメリカメインストリームでの勝負に出る前に、
軍資金がつきて撤退・・・なんてことにもなりかねない。
いや、事実そんな企業やレストランはたくさん見てきた。
アメリカで勝つためのお手伝い、
J-goodsが少しでもお役に立つことが出来たら、嬉しく思う。

一番人気の日本人

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

とても親しくしていただいていたM領事が、今月中に帰任される。
奥様からはも「この二人は相思相愛なの」とお墨付きを頂くほど、
私はM領事をご尊敬申し上げていた。
さて、そのM領事主催のお別れ会にお招きいただき、
お宅にお邪魔してきた。
集まったのは、日本を背負って立つ官僚と奥様や、
領事館関係者の方々。
で、その中で日本のピンクコンテンツを、
国がバックアップして本気で海外輸出したらどうか??
という話しになった。
「国を挙げてするべき事じゃないだろ」
「いやいや、売れる物なら売った方がいい」
・・・などなど、いろんな意見が。
そして奇しくも、蒼井そらの話しになり、
そしたら、今日、こんな記事を見つけ。
うーん、やっぱり、売るべきでしょ。
売れる形を整え、売れる部分を売ったらいい、
売れる物を放置しておくのは、勿体ない。

JETROに投稿したレポート

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

3月にJETRO日本貿易振興機構から依頼を頂き、
ロサンゼルスにおける中華系・韓国系マーケットの現状について、
レポートを上げた。
そのレポートは、JETRO通商弘報でご覧頂けます。
あっ、でも、購読登録しないといけないかー。
では、ここに添付しましょ。
拡大する中華系市場が重要なビジネスセグメントに-南カリフォルニア_Page_1.jpg
拡大する中華系市場が重要なビジネスセグメントに-南カリフォルニア_Page_2.jpg
拡大する中華系市場が重要なビジネスセグメントに-南カリフォルニア_Page_3.jpg
拡大する中華系市場が重要なビジネスセグメントに-南カリフォルニア_Page_4.jpg
・・っていうか、本当にこの10年で中華系って変わったなぁー。
通商弘報用に提出したレポートには、もっと細かなデータもあったので、
後ほどこのブログで小出しに掲載予定。

念願のつじ田、豚骨ラーメン

グルメ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

前回はつけ麺だったので、次は豚骨と決めていたつじ田。
IMG158.jpg
豚骨ねぎラーメン
美味しかった。
でも丼が小さい、スープが少ない。
日本人的には、旨いラーメンならなおさら、
デカイ丼になみなみのスープで、ガッツリ食べたいなぁ。
アメリカに進出するラーメン屋さん、
丼、小さすぎです。

インターンのKNちゃん

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

去年の夏、J-goodsに日本の大学からインターンにやってきたKNちゃん。
造り酒屋のお嬢さんで、やわらかな雰囲気のステキ女子だった。
そのKNちゃんから、「ユニクロの内々定をもらいました」と、
とても素敵な知らせが届いた。
毎年、春と夏に日本の大学生を数週間預かっている。
これは、ライトハウス社がやっている事業だが、
国際社会を背負って立つ人材の育成をお手伝いしている気分で、
学生を引き受けている。
そうそう、今年2月に来ていたNNちゃんは、
研修最後の日に素晴らしいレポートを残していってくれた。
その一文を紹介しましょう。(本人の許可をとりました)
◆◆◆◆◆◆◆◆
自分にとって働くとはどういうことか?
私は、初日に聞かれたとき、
働くとは自分の家族を養って幸せになるためだと答えました。
何のために働くかと考えたら、自分たちが生きていくために
働くのだと思ったからです。しかし、もう一度よく考えてみると、
少し違った考え方に気づきました。私は、お金が欲しいから働くけれど、
お金のために働くのではないと思いました。
職業の中に、意味も無く働くものなんて無いのだと思いました。
どの職でも、誰かが便利で過ごしやすくなるから存在するのだと気づいたからです。
また、働くことで、たくさんの人と出会い、話すことができます。
辛いことや失敗から立ち直ったりすることで、成長もできます。
よって、私にとって働くこととは、自分自身を磨くことができて、
周りの人も自分も幸せになるようにすることなのだなと思いました。
◆◆◆◆◆◆◆◆
NKちゃん、NNちゃん、きっと素晴らしい社会人になれるよ!

ガンバレニッポン!!

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

興味深いというか、面白い記事を見つけた。
在日中国人ブロガーが、日本と韓国について語っている。
http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=996922
特にいくつかの件で・・・・・。
GDPの件、
2030年には、韓国に追い抜かれて貧困国になる・・・
その記事に、日本社会に衝撃が走った、とある。
確かに私もこの記事を読んで、衝撃が走った。
貧困国!日本が?と。
しかし、このブロガーの言うように、本当に「日本社会に衝撃」が走っていれば、
とても良いことだと思う。
日本は、馬のように疾走する韓国に比べて、牛のよう。
周りの発展を日本が羨ましがって嫉妬している・・・と。
これも、本当に日本が嫉妬して、頑張っているなら、それは素晴らしいと思う。
海外に長くいると、ことさら日本が好きになる。
日本をより愛するようになる。
だからこそ、日本国民みんなに衝撃が走って
みんなが嫉妬して、本気でみんなが頑張ったら、
日本はもっともっと良い国になると思う。
世界中が羨む嫉妬する国になれると思う。
海外に住んで日本を見ると、
日本ってお人好しでのんびりしたのほほんとした国に
見えて仕方ない。しかし日本に住む中国人にはそう映っていないのだとしたら、
まだまだ日本は大丈夫なのかなぁ???
* 原文は中国語でそれを翻訳しているようなので、
多少の翻訳の揺れは予想されるが・・・・。

今日開店のラーメンHayatemaru

グルメ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

本日Torranceに開店した、
北海道ラーメンHayatemaruに、早速行ってきた。
早く食べたい気持ちが強く、
写真を撮るのを忘れて食べてしまった。
食べかけ写真で失礼します。
IMG118.jpg
オーダーしたのは、北海道ラーメン $7.50
塩豚骨ベースのラーメン。
麺は、鹹水多めの黄色いプリプリ麺。
パンチの効いた塩の後に、豚骨の甘味が広がる。
IMG117.jpg
餃子は薄めの皮に、にんにくとニラがたっぷり肉餡が詰まって、
食べ応え十分。
Hayatemaru、私のアパートから歩いていける距離で、
夜11時半まで営業。
リカーライセンスもあるから、お酒も飲める。
仕事帰りのちょっと一杯が、気軽に出来そうで嬉しい。
IMG119.jpg
1644 W. Carson St. #B
Torrance, CA 90501

ラーメンブームを考える

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

今ロサンゼルスは、とにかくラーメンブーム。
って、ラーメンが白人にしっかり浸透しているって意味じゃなくて、
正しくはラーメン出店ブーム。
確かに、WLAのつじ田のお客さんは1/3が白人だった。
残りはアジア系だけど。
私が大好きなGardenaのうめむらにも、いわゆるアメリカ人の
お客さんが増えている。
日本からも「今がチャンス!」とばかりに進出してくるラーメン店が、
驚くほど多い。
さて、僭越なのを承知で言う。
確かに今アメリカは、いわゆるアメリカ人がラーメンを食べ始め、
ブームになっていることは間違いない。
しかし、このブーム、続くのか??
Sushiと同じように、日本食の代表として定着するのか??
私は、少し懐疑的な印象を持っている。
Sushiは、他の国に似たような料理がない。
しかしラーメンは違う。
中華の拉麺、ベトナムのフォー、韓国にも似たような麺を食べる習慣がある。
アメリカ人にとって、日本のラーメンも中華の拉麺も、フォーも、
全部一括りのヌードル。
台湾のワンタン麺は、蝦がプリプリの雲呑が4つも入って、$5。
Noodle boy3.jpg
牛肉に煮込みがたくさんのったボリュームたっぷりの
紅焼牛肉麺だって、$6
Noodle King.jpg
ベトナムのフォーは、お肉たっぷり、もやしや香草入れ放題で、$6。
一方、日本のラーメンは小さな丼にはいって、最低でも$8スタート。
いや、値段のだけのことを言っているのではない。
もし誰かが「日本のラーメンは、ダイエットには不向き」とか、
「健康食ではない」的な事を言い始めたら、と心配になる。
日本からの出店者は、同じ日本のラーメン屋でどこが人気か?
そことくらべて自分の店はどうか?
と、競争相手として同じ日本のラーメン店しか見ていない気がする。
いやいや、ここはアメリカ。
アメリカ人も中国人も韓国人にもたくさんの麺料理の選択肢がある。
まずは、その選択肢についても学び、
競合を日本のラーメン屋とのみ考えずに、アジア全体の拉麺料理を見た上で、
アメリカ人に長く愛されるRamen Noodleを探ったほうが良いのでは・・・。
日本のラーメンも大好きだけど、
アジアの美味しい麺が大好きな私の取り越し苦労にならなきゃいいと思うこのごろだ。

小籠包マニア

グルメ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

自称、小籠包マニアの私。
上海に3泊で行ったときにも5軒の店を、一人ではしごした。
そしてLAでも、出会う中華系に
「ディンタイフォン鼎泰豊より美味しい店を教えて!」と
比較対象を出して聞きまくっている。
で、最近新しく出来た店。
Del Marの、大華99 Ranch Maketのモール2階。
あっ、店の名前を忘れてしまったが、行けば判る。
140 W Valley Blvd
San Gabriel, CA 91776
IMG096.jpg
IMG098.jpg
ただ今キャンペーン中で、8個入りの普通の小籠包が、$3.99。
お味はと言いますと、悪くない。
具のジューシーさが足りないのと、ちょっと味が濃いかな。
鼎泰豊に比べると厚めの皮は、発酵した小麦粉の味がして美味しい。
個人的には、皮は薄い方が好きだから、鼎泰豊に軍配か。
因みに、LAでの私イチオシの小籠包は、今のところ、
Happy Harbor Restrant 凱悦大酒楼の飲茶で出てくるのかな。
1015 S. Nogales St. #126
Rowland Heights, CA 91748