つじ田は別格

グルメ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

某行政機関の方が「つじ田のラーメンは別格ですよ」と言っていた。
さらに、ラーメン日本一を3年連続で獲得している、日本の超人気ラーメン店の
お嬢さんも「LAではつじ田が一番印象に残っていますね」と。
彼女は、LAとNYで一日5軒~10軒のラーメンを食べ歩くラーメンのプロ。
そんな人たちが「えっ?つじ田に行ったことないんですか?」って言うから、
じゃあ行くしかないでしょ、と、昨日行ってきた。
いつも行列、1時間待ちは当たり前!との前評判のなか、
12時半頃だったら、一人ということもありすんなり入店。
お店の人に、つけ麺を食べるべきか、豚骨ラーメンを食べるべきか?と聞くと
つけ麺を推してきた。
IMG116.jpg
豚骨魚介スープつけ麺。
まずスープを一口。
鰹やいり粉の、とにかく魚介の香りが口いっぱいに広がる。
あとから豚骨のコクと甘味が追いかけてくる感じ。
麺は太麺で歯応え十分。
ライムがのっているので、途中でスープにライムを搾ると
味がガラッと変わる。
うん、確かに噂通り。
ただ、私がつけ麺を食べ慣れていないせいか、
ラーメンを食べてる!という気になれなかった。
次回は、豚骨ラーメンをオーダーしよう。

美魔女

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

LAC48を結成させよう!とバカな話しをしている。
Los Angeles County 48歳以下
48人集めるのは大変だし
48キロ以下だと、自分は入れない可能性もあるし
48歳以下なら大丈夫だ!
よぅし、LAC48のセンターだぁ!
美魔女が流行っている。
そのかたわらで「年相応の美」について語る記事を読んだ。
無理な若作りはむしろ「イタい」そうで。
私も「えー、若く見えるぅー」なんて、人様から言って頂いて、
かなり調子に乗っていた。
しかし寄る年波には勝てない。
ハリのなくなった顔、たるんだ二の腕、不必要に出てきたハラ、
さらに、四角くなった後ろ姿。
そんなんだから、数年前に気に入っていた服が似合わなくなっていることに
気付いているのに、目を背けていた。
美魔女なんて言葉でごまかさないで、現実と向き合って、
ステキ中年女子を目指すほうが、むしろ清々しいかも。
そうそう、先シーズンのドラマ「最後から二番目の恋」で、
キョンキョンがいい感じにちゃんと年を召され、
なんてったってアイドルじゃなくなっている姿に、ホッとした私。
自分とキョンキョンを重ねるという図々しさはさておき、
それでも、ステキに歳を取ったキョンキョンは、さすがだナーと思ったのだ。
久々の更新なのに、下らないネタで恐縮です。

今年のAsian American Expo華人工商大展

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

2004年から、ずっと出店し続けていた、アメリカ最大の中華系イベント、
Asian American EXPO華人工商大展。
毎年、10~15ブースを購入し、J-goodsの名前の元、
クライアント企業様と一緒に、日本の商品を中華系に紹介してきた。
会場内に日本通りみたいなのを作って、盛り上げてきた。
2012年今年、9年目にして、参加をしなかった。
日系企業の担当者さまから
「あれ?今年J-goods出ないの?」なんて、
何本かお電話を頂いた。
そうなの、今年は出なかったの。
なぜかというと、
まず、年々減少している来場者数に対して、
有効な手段をとらない彼らに対するちょっとした抵抗。
一昨年は主催責任者と何度かミーティングを持ったが、
彼らは「来場者は減っていない」の一点張りだった。
まぁ、来場者が減っている原因の一つに、あのイベントのスタイルが
古くなっていることも大きいと思う。
2010年に上海万博を成し遂げた彼らには、
今のあのスタイルのEXPOは、もうそぐわない気がする。
その証拠に、こんな風にブースをデコレーションする出店者も増えたし。
IMG005.jpg
女の子が奇麗なユニフォームを着て、商品説明をするブースも増えたし。
次ぎに、「今年は1棟をアルコール館にして、
そこでは試飲も販売も出来るようにするよ!!」と
最初は威勢良く言っていたのに、いつものごとく尻すぼみ。
イベント会場でアルコールを売るなんて、
法律的にライセンスの問題ですごく難しいのに、
いとも簡単に「大丈夫、問題ない、心配いらない」って。
結果、出来なかったんだけどね。
まぁ、そんなこんなで、今年はJ-goodsとしての出展をお休みした。
で、一来場者として、初めて遊びに行ってみた。
結構楽しかった。
昔の田舎のお祭りみたい。
いろんな物が雑多にゴチャゴチャにおいてあって、
屋台が出ていて・・・。
ミスアジアとか言って、着物を着たどうみても日本の女の子じゃない子が
パレードに参加していたり・・・と。
IMG003.jpg
来年どうするかは、まだまだ検討中だけど、
先週、仲良くしているこのイベントの担当者から
「来年の契約はどうする?来年は出るんでしょ?」と。
ふー、来年の話をすると鬼が笑うよー。

J-goods入稿しました!

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

今号は、とにかくラーメン。
昨日、やっと入稿。
完全保存版
ラーメンカタログ
J-goods厳選のラーメン店全51店を紹介!!
中国語だけど、日本人が見てもきっと楽しんでいただけるはず!
もちろんWebサイトでは日本語も掲載するので、
日本人の方はこちらをどうぞ。
更新は多分来週半ばかなぁ。
CoverCH.jpg
いやはや、今号は大変だった。
メインデザイナーのMKさんのお父様が急逝され、
慌てて帰国。
丁度同じ時刻にMKさんから譲ってもらったMacが壊れ、
インハウスデザイナーのHKの仕事が途絶え・・・・。
一時は2月号の発行も危ぶまれたけど、
とにかくHKが頑張りました!!
HK渾身のJ-goods2月号は、2月3日配布。
で、2月号から配布方法を工夫することに。
というのは、最近どうもスーパー入り口のラックに置いた雑誌が
盗まれているかもしれない・・・と思え。
色々調べるとやっぱり、この不況で、雑誌をまとめて廃品回収して、
お金にしている輩がいるらしいと。
いやいや、そのままにしていたら、クライアント様からお預かりした
大切なお金をみすみす盗まれていることになっちゃう。
と言うわけで、チームJ-goodsのDHやKHの発案により、
手配り隊を結成。
中華系スーパーの入り口で、直接読者に手配りをすることに決定。
これにより、読者に直接手渡しが出来るから、
広告効果にも反映するのではないかと、チーム一同期待に胸を躍らせている!
スーパーの入り口で、一生懸命手配りするHKを見かけたら、
どうぞ気軽に声を掛けてやってください。
因みに、私も、行こうと思っています!

ラーメン特集

グルメ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

J-goods2月号は、保存版ラーメンカタログ。
ここ1ヶ月は、ほぼ毎日ラーメンを食べ歩いていた。
で、そう話すと、いろんな人から
「どこが美味しい?」って必ず聞かれる。
そりゃそうだ。
で、食べ歩いた中で、気に入ったお店の一つが、
West Covinaの風神ラーメン。
IMG_8548.JPG
特に気に入ったのが、塩豚豚骨ラーメン。
まず、スープを含むと鰹や昆布などの魚介の風味が広がる。
そしてトロリとゼラチンに包まれた豚骨コクと甘味が出てくる。
基本的に、薄めの味というか素材の味が生きている料理が好きな私は、
ここの、スープをたくさん飲んでも喉が渇かない、
口の中に上質はゼラチンの感触が残る感じ、が
気に入ったのだ。
塩豚骨は上に青ネギではなく玉葱を載せることも出来る。
そして、レモンが付いてくるので、それを絞って食べる。
玉葱とレモンのコラボが、またいい。
IMG_8567.JPG
これは、雷神ラーメン。
醤油豚骨ベースにラー油を加えている。
風神、Torranceからはちょっと遠いねー。
でも美味しいですよ!
Fujin Ramen
1017 S. Glendora Ave. (Hong Kong Plaza)
West Covina, CA 91790

差し入れにもらったら嬉しいナー

J-goods

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

ただ今、J-goods2月号、ラーメン特集制作中。
美味し店が出来た!と聞けばすぐに出かけ、
あそこが美味しかったと聞けば、じゃあと出かけ、
この1ヶ月かなりラーメンを食べまくった。
さて、その中で
TorranceのTorayaさん。
Picture 018.jpg
Ramen Californiaだったお店が、変わって、今はToraya。
クライアントさんの某製麺会社のKSさんが、
「Torayaさんも、Ramen Californiaに負けない
良いラーメンを作りますよ」って言ってので、
早速偵察!
ラーメンについて、詳しくは2月3日配布のJ-goodsに掲載するので、
2月中旬以降詳細は、www.j-goods.usを見ていただくとして
IMG_8921.JPG
今回取材中にトクに気に入ったのがこれ。
タイガーシュリンプクラブ。
まぁ、海鮮まんってヤツですが、
外側をかりっと焼いているから、
今上海アタリで大人気の、焼小龍包みたいな、焼肉まんみたいな
そんな感じ。
これ、だれか、うちのオフィスに差し入れてくれないかしら???
もう一つ、ラーメンのスープを入れ込んだ小龍包もイケますよ。
因みに私は、かなりの小龍包マニアです。
IMG_8957.JPG
Toraya
T. 310.530.2749
A. 24231 Crenshaw Blvd.
Torrance, CA 90505
Monday closed

時代の最先端?

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

確かずっと前、デザイナーのMYが、
「やえさんたちの時代って、いつも先端ですよね。
私は、いつもそれに憧れて、
いつかバブルを体験したいと思っていたら、はじけちゃうし、
女子大生ブームをみて、女子大生になりたいと思って、
自分が女子大生になったら、女子高生ブームになていて・・・’
なんてぼやいていた。
で、今クール、見始めたドラマ、キョンキョンと中井貴一の
「最後から2番目の恋」
これ、見ていてちょっとせつなくなった。
まるで自分が言っているみたいな台詞の数々。
キョンキョンはドラマの中で45歳。
そういえば、4、5年まえは「アラフォー」って、天海祐希のドラマが
流行語にもなった。
あの主人公はたしか39歳から40歳になるって話だった。
あのときも、聞き覚えのある台詞が随所に出てきていた。
最近ドラマヒロインの年齢層が上がっているナーって思っていたら
やっぱり、そういうことだったのよね。
要するに、世の中、私たちの世代にいつも注目していて、
この世代が世の中の消費を牽引しているってこと。
1960年代から70年前半に産まれた人たち。
はいはい、確かに貪欲です。
生きること全てに!
美味しい物の為ならとことん情報収集もするし、
自分の目で足で舌で試してみないと気が済まない。
おっ、なるほど、ってことは、
広告を作る上ではトクなことなのかもしれないな。
私たちが「食べたい」「欲しい」「行きたい」って思う広告は、
それなりに効果が出やすいということなのかも。
J-goods2月号、ラーメンカタログ
ただ今制作中。

インターンの柳ちゃん

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

一昨年から去年にかけて、インターンとして会社に来ていた柳ちゃん。
ご本人の素晴らしい努力により、希望していた企業への就職が無事決まり、
4月から日本での社会人生活が始まると連絡をもらった。
J-goodsに来たばかりの頃は、ちょっと人見知りをする
大人しい感じの優秀な女の子との印象だった彼女。
しかし、ねばり強さはピカイチだった。
仕事ぶりもきっちりしていたし、考え方もしっかりしていたので、
きっと良い就職活動をするだろうなぁと思っていた。
そんな柳ちゃんから、とっても素敵なメールを頂いた。
一部を紹介すると
「就職活動の中で、J-goodsで経験させていただいたことが
自分の自信になり、面接でもその経験を話すことで、
多くの人事の方から関心を持っていただきました。
何も知らない私を受け入れて、たくさんのご指導を下さり、
本当 にありがとうございました。」
いやいや、あなたが頑張ったからだよ。
J-goodsでは、日本からやってくる大学生さんも入れると、
年間5、6人のインターン生を受け入れている。
こちらはみんな時間もなく忙しい中で仕事をしているので、
じっくり教えることも、楽しい経験をさせて上げることも
なかなか出来ない状態ではある。
しかし、その中でも、それぞれ何かを掴んで、
次ぎに繋げてくれているのが、とても嬉しい。
インターン生を受け入れることで、
改めてこちらが新鮮な気持ちで学べることもあるし、
日頃手が回らずにいる仕事を手伝ってもらえるのはありがたい。
でも、やっぱり受け入れる一番の理由は、
これからの日本を背負って立つ、優秀な若い人たちの
少しでも役に立ちたいから。
こんなちっぽけな会社だけど、みんな仕事が好きで、
燃えながら働いている姿が、何かの役に立てたらと、
いつも本気で思っている。
もちろん、きっとインターン生を受けている企業のみなさん
全員がそう考えているんだろうけど。
柳ちゃん
おめでとうございます。
優秀なあなたが、これからの日本をもっともっと良くしてくださいね。
土橋

美味しいディップ

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

半年以上更新をしないまま・・・
2012年J-goodsメンバーと交わした約束。
週に2回は更新する!
今日は18日、もう3週間近く経っている。
ふぅー。
と言うわけで、
約束は約束、少しでも頑張らなくちゃ、他のメンバーだって
やらなくなっちゃうもの。
先日、クライアント様のマルコメさんから
超素敵なプレゼントを頂いた。
マルコメ商品詰め合わせ!!
その中で、一目で心を奪われたのがコレ!
「バーニャカウダ風ディップ」
ResourceView.aspx.jpeg
早速、キュウリだの、大根だの(大根ダイエットでもしようかな)
キャベツだのをざく切りにして、頂いた。
うっ、うまい。
甘味と旨味のバランスがいい。
味噌とマヨネーズの配合がいいのだろうか、玉子のコクと
後に残る魚介(鰯とか鰹)の風味が素晴らしい。
あっという間に完食。
私の超お気に入りアイテムに仲間入りです。

日本加油イベント、その後2

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

当初彼らは、「台湾、中国、日本が一緒になってイベントを行うことに意義がある」と
声高らかに宣言していた。
しかしその後、雲行きは怪しくなった。
まず、中国大使館には今回のイベントの招待状を送らないと言い出した。
理由を聞くと、先日、中国政府が台湾は中国の一部だとのコメントを出したから、
それが嫌だから中国大陸の人たちに声を掛けたくないと言う。
なるほど。
それぞれの国でそれぞれの民族に、それぞれの思いがあるのは仕方ない。
日本人がとやかく口を挟む問題ではない。
台湾の領事館的役割を果たしている民間機関からも、
代表者の出席を取り付けることは出来なかった。
そんな流れだから、私も当初は日本領事館に、
総領事を含めた公人の出席を打診していたが、
無理だろうなと感じて、積極的に話を進めずにいた。
まぁ、要するに、最初に感じた、
「そんなに大々的に派手な事ばかり並べて、
本当に実現できるのだろうか?」の不安がそのままになって来たわけだ。
さらには、ワシントン条約で取引が禁止されている
象牙の像をオークションに出すと言い始めた。
おいおい、やばいだろそれ!
これも結局はどうなったのか、
うやむやで実際に現場には出てこなかったけど。
そんなこんなの悲喜こもごもの結果、
当日の参加者は当初の予定の300人から、110人に。
6時半スタートが、8時にスタートに。
IMG_2987.JPG
阿岸先生を含めた日本人ボランティアは、4時前から会場に入っていたのに、
HTTVの関係者が来たのは6時半。
数人の日本人客は、ちゃんと6時半に会場に来てくださっていたから、
それから、かれこれ1時間半も待って、やっと開演。
IMG_3014.JPG
IMG_3011.JPG
時間がおしても関係なし。
結局イベント終了は、深夜12時半。
IMG_2990.JPG
IMG_3005.JPG
阿岸先生は、スケジュール通りに行かないことに
最初は相当戸惑っていたようで、たくさんのダメ出しをしていらしたが、
最後は「これが中国スタイルなのね」と。
私は、逆に阿岸先生の反応が新鮮に映り、
彼らのこのグチャグチャ感に慣れてしまっている自分を
ちょっと反省した。
IMG_3020.JPG
そうは言っても、なんだかんだでも、
やっぱりありがたい。
集まったお金の総額は、
$9383.33
日本のために集まってくれた100人の台湾人が、
日本のために出してくださったお金だ。
翌日、HTTVのEvaから電話があった。
「さぁ、次は何をする?」
・・・・・
するなら、今度は日本人主催でなにかをやろうかなぁ。
当日、商品提供をしてくださいました企業並びにレストラン様
本当にありがとうございました。
改めてここにお礼申し上げます。
協賛社名(敬称略)
Kanpai Sushi Bar & Grill
Kikkoman USA
Nishimoto Trading
Ozeki Sake
Sapporo Beer
Sushi Boy