Made in Japan神話はいつまで続くか?

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

「日本製品は品質が良いから、高くても買いたい」
確かに、私の周りの中華系はそういっていた。
実際に富裕層は「値段は安心料」と公言していた。
そんな彼等を、私は「高い日本製品を買える自分が好き」なんだろうと見ていた。
しかし、それは、去年までのこと。
昨日ここでも書いた。
私は、最近強い危機感を持っている。
韓国製品の台頭である。
中華系のスーパーで、最近は韓国製品をたくさん見かける。
特に日本製品の独壇場だった、ドラッグコスメのコーナーで
それが顕著なのだ。
日本製品より、3割くらい安い。
そして、韓国系はお金を掛けて、
中華系にどんどんプロモーションを始めている。
Asian American Expo華人工商大展でも、
その傾向が著しい。
韓国系の企業が、大きなブースを構えて、
派手にプロモーションを行う。
韓国系は、日系企業に比べて、やることが派手なのだ。
だから、派手好きの中華系の耳目を集める。
これまでは、「日本製が良い」と言っていた彼等も、
実際に使ってみると、品質がそこまで劣るわけではない韓国製に驚く。
そして3割も安いんだから、物によっては買っても良いかもとなる。
「物さえ良ければ売れる」
「日本の技術力は安くは売れない」
それ一辺倒では、あの派手で、パフォーマンス好きで、
人情と懐に訴えるのが得意の韓国系に負けちゃう。
日本の技術をもって、もっと安く物を作ることは出来ないのだろうか?
良い物だから高くても売れる!では、
いくらお金持ちになった中国人でも、
そのうち買わなくなる。
いや、実はそんな気配を、
中華系購買現場最前線にいるつもりの私は、
ひしひしと感じていて、本当に危機感を持っているのだ。
日系企業の皆さん。
良い物を安く作ってください。
韓国人に出来て、なぜ日本人に出来ないのでしょうか?

日本を考える、その2

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

「日本は通り過ぎられる国になった」と、時事通信国際部の記者が言っていたと
このブログに書いた。
ここ数日、それを強く感じる事があった。
件の、2日間で10万人の中華系が集まるイベントの主催者と
ミーティングをした時のこと。
中国人「日本企業がどんどんイベントへの不参加を
連絡してくるんだけど、どうしたの?」
私「円高で、日本から商品を持ってきている企業にとって、
かなりたいへんなのよ」
中国人「どうして、日本政府はそれをなんとかしないの?」
私「円が高いというよりも、ドルが安すぎるってのもあるからねー。
それにちょっと介入したくらいでは、もうどうしようもないのかも」
中国人「日本って、どんどん元気がなくなるね」
そういったきり、彼女は私にガンバレとも、
日本のクライアントをいっぱい連れてきて欲しいとも言わなくなった。
そう、彼女にすら、もう「日本は用なし」の国に写ってしまっていように見えた。
一緒に仕事を盛り上げる相手ではない。
何かをして自分たちが儲かる相手ではないと。
私の仕事は、日本の商品の魅力を中華系に伝えることで、
彼等の購買を煽り、そして日本企業の、ひいては日本の利益に繋げること。
でも、最近は、韓国の商品の方が、コストパフォーマンスが高いと言う
中華系が出来た。
「その証拠に、日本でだって、
韓国の化粧品や文化が流行っているじゃん」とまで言われた。
私は、寒気がするほどの危機感を持った。
日本、本当にヤバイかもしれない。

2010年10月28日のつぶやき

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page
Jgoodsreaders / J-goods
中国語学習熱 http://j-goods.seesaa.net/article/167557583.html 覆水盆に返らず中国語雑誌を創刊して8年。もっと真剣に中国語を習得しておけば良かった。 どばし at 10/28 16:34
Jgoodsreaders / J-goods
Epoch Times 大紀元 http://j-goods.seesaa.net/article/167542232.html 中華系の新聞社、恐るべし! at 10/28 13:58
Jgoodsreaders / J-goods
Epoch Times 大紀元 | http://j-goods.seesaa.net/article/167542232.html at 10/28 12:20
Jgoodsreaders / J-goods
2010年10月27日のつぶやき | http://j-goods.seesaa.net/article/167484155.html at 10/28 00:02

中国語学習熱

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

前出の英語学校を経営している友人の話し。
彼女は以前、仕事で家事が出来ないからと、住み込みのメイドを雇っていた。
グァテマラ人だったかな。
その彼女が、「最近はアメリカ人の金持ちはみんな、
中国人のメイドを探しているよ」と。
自分の子供に中国語を教えて欲しいから、
敢えて中国人のメイドを探すんだとか。
そこで中国人のメイド斡旋業者も出現しているとか。
さらに、アメリカ人の間では中国語を学ぶのが流行っていて、
なおかつ中国人の友達を作りたがっていてと、
どうもこの国で、中国人がモテモテらしい。
彼女曰く
「やえは、J-goodsを始めて何年経った?
もっと中国語しゃべれるようになると思ったのにねぇ。
努力がたりないねぇ」
はい、おっしゃる通り。
インチキな中国語で、中国人にチヤホヤされていると思っていたら、大間違いですな。

Epoch Times 大紀元時報

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

最近、J-goodsのクライアントレストランさんのところに、
Epoch Timesと言う、中華系の新聞社から営業攻勢が盛んだと聞いた。
時々、クライアントさんから
「Epoch Timesっのフローラって人が営業にきたけど、どうなの?」と聞かれる。
このフローラさん、実は私も何度か会い、
食事も一緒にしたことがある。
年の頃は、30代半ばかな。
中国の東大と言われる精華大学を卒業後、
思想活動をしたために、1年半も投獄された経験があると話していた。
要はすごい人なのだ。
その、フローラさんが、本気を出して日系レストランに営業に動いている。
ということは、J-goodsの競合相手になっているわけだ。
そして、クライアントさんの何社かは、Epoch Timesに取られてしまった。
これはヤバイ!
実は、ずっと以前、フローラさんから
「J-goodsはとっても面白いコンセプトの雑誌だから、
一緒に何かをやりたい」と食事に誘われのだ。
私も彼等と何が出来るのか、するべきなのかを含めて
当時J-goodsにいた中国人スタッフ、うさんの意見を聞きながら、
真剣に検討したことがあった。
意見によると、Epoch Timesは「法輪功」が母体の、
反政府寄りのメディアで、一般の中国人にとっては、ちょっと偏りのある
報道が多いと考えられているということだった。
まぁ、我々自由主義・資本主義、
言論・宗教・結社の自由が認められている国の人間からしたら、
中国政府が発信する報道だって、めちゃめちゃ偏っているように見えるから、
どっちもどっちという気もするが・・・・。
結論的には、反政府寄りの報道が多いメディアと
一緒に何かをするのは、J-goodsのクライアント企業は
あまり歓迎しないだろうと、その当時は判断した。
その結果、彼等はJ-goodsを見ながら、
積極的な独自営業を始めた、ということだ。
あの新聞の読者は、比較的高学歴の人が多いから、
高収入者も多く、レストランさんにとっては、
効果が出やすい媒体かもしれない。
今更、一緒に何かをしようとも言えないけど、
これは真剣に対策を練らないと!
さすがフローラさん、恐るべし!!

2010年10月27日のつぶやき

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page
Jgoodsreaders / J-goods
亡命しちゃえ http://j-goods.seesaa.net/article/167434871.html アメリカに居座るのに、この手があったか!! まぁ、日本人には無理だけど。 どばし at 10/27 16:17
Jgoodsreaders / J-goods
亡命しちゃえ | http://j-goods.seesaa.net/article/167434871.html at 10/27 16:16
Jgoodsreaders / J-goods
謝謝你的following. 我們繼續給你們提供日本的最新情報! 請關照!!!! at 10/27 13:29
Jgoodsreaders / J-goods
thank you for following everyone!we will continue to post useful information about japanese restaurants, products and stores ;) at 10/27 13:24
Jgoodsreaders / J-goods
フォローしてくださっている皆様!ありがとうございます!
これからもJ-goods、精進して、皆様に、有意義な情報をご提供させていただきたいと思います。
 at 10/27 13:21
Jgoodsreaders / J-goods
こんにちは。インターンのミユキです。先週末、Boston Career Forumがボストンで開催され、東海岸へ飛んできました。今年も沢山の企業がきていて、私の「中国学」という専攻に興味を持ってくれる企業がたくさんありました。 at 10/27 09:53
Jgoodsreaders / J-goods
여러분, 안녕하세요! 저눈주말에Boston Career Forum을위하여Boston에갔어요. 일본기업 많아있어요. If you interested in working in Japan, you should go there! at 10/27 09:50
Jgoodsreaders / J-goods
我下個週末為了BOSTON CAREER FORUM去BOSTON. 很多很多日本企業參加了. 如果你對日本企業, 來年因該去那兒. 日本企業現在注目中國人還韓國人. at 10/27 09:42
Jgoodsreaders / J-goods
ブログ更新しました。「アミールの日記4」「アミールの日記5」 http://ameblo.jp/j-goods/ at 10/27 09:11
Jgoodsreaders / J-goods
2010年10月26日のつぶやき | http://j-goods.seesaa.net/article/167369564.html at 10/27 00:02

亡命しちゃえ

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

中華系の住む街で、15年近く前から英語学校を経営している
台湾人の友人がいる。
彼女は、中国語はもちろん、英語も日本語も操る才媛だ。
「12年前は、留学生の80%が日本人だったよ。
金払いも良いし、ルールも守るし、いいお客さんだったよ」と。
それが、7、8年前頃から、日本人留学生がどんどん減って、
今では10%にも満たないほどだと言う。
代わって、一時期は台湾人の学生が増えたが、
今は80%近くが、中国本土からの学生だという。
この中国本土からの学生が、とにかくすごいらしい。
まず、親が半端じゃない金持ちであるケースが多く、
学費を全額現金で入れて、
高級アパートを1年契約しても「飽きた」という理由で転々。
住んでもいないのに、1年分の家賃を払い続けるアパートを
いくつか抱えていたり・・・らしい。
そして、そんな学生達。
1ヶ月ほどは学校に通ってくるが、そのうちぴったりと来なくなる。
今は移民局が厳しくなり、出席率と移民局のデータが連動しているらしい。
そこで、学校のスタッフが学生に
「学校に出てこないと、アメリカにいられなくなるよ」と電話をすると、
「いいの、私は亡命の手続きを取ったから」と!
その亡命手続きを高額で斡旋する業者も
たくさんいるらしい。
高額っていうのがミソだが・・・。
もちろん反対に、安く請け負う業者もいるらしく、
騙したり騙されたりも横行。
まぁ、蛇の道は蛇ってところだろうか。
しかしまぁ、亡命とは!!
日本人には思いもつかない、アメリカ居座り方法だ。
今のところ、アメリカ政府はそんな亡命者達を、
簡単な書類審査で受け入れているらしいから、なんだかちょっとムカツク。
優秀な人が真面目に働こうとHビザを申請しても、
移民局は、冷たく却下しているのに!!
いやはや、さすが、中華系!
したたかというか、お見事というか。

中華系の美容整形

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

最近、二重の美容整形手術をした直後の
中華系女性を見かけること何度かあった。
先週末は2日間、中華系が多い街Monterey Parkで、
クライアントさんの化粧品デモの手伝いをしていた。
そこでも見かけた。
年の頃は50代後半だろうか。
ぽってりとしたまぶたの上に、赤い縫い目がはっきり見えて、
かなり痛々しいし。
この前も、そんな感じの女性を立て続けに3人見た。
この全員が、痛々しい赤く腫れた縫い目のまま
普通に外出し普通に買い物し、普通に人と話していて。
しかも全員が目頭のずっと先から縫い目を付けているから、
アジア人の二重としては、かなり不自然。
なんだろう、この感覚の違い。
整形手術をすることは、むしろ自慢?
自分は自分のお金でよりキレイを手に入れているんだから、
恥ずかしいはずも、隠す必要もない・・・ってこと?
私が見た4人の女性は、30代~50代。
50半ばを過ぎても、まだ美容整形するって感覚もすごい!
いやはや、これもやっぱり生きるパワーの違いなのだろうか。
こんな感覚の彼等と、領土問題、経済問題、政治問題を
互角に渡り合わなきゃならないんだから、
そりゃあ日本も苦戦するのも当たり前か。
いやいや、日本人は彼等のこの桁違いのパワーをよく理解した上で、
駆け引きしないといけないね。

輸入規制

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

ここアメリカでは、日本の美味しい物がどんどん食べられなくなる!
そんな心配が現実になったのが、今年の春頃から。
アメリカFDAが積極的な輸入規制を始め、
日本からの家禽エキスを使った物の輸入を禁止。
さらに今後は、乳製品・卵製品にも規制が掛かるとの声も聞こえる。
三月に日本の農水省の参事官が来て、
食品メーカーや貿易関係、並びにスーパーマーケットなど
現場の人たちとの意見交換会がもたれた。
さて、そんな動きを受けて、
日系のスーパーからは、日本製の美味しい物達がどんどん姿を消した。
私の大好きなカップ麺や、インスタントラーメン、
さらにはベビースターラーメンやサッポロポテトバーベキュー味のような
スナック菓子。
そして、丸美屋ののりたままで無くなってしまった。
ところが、韓国系のスーパーに行くと、
普通に堂々と「Beef Extract」とか
「Chicken Meat」とか書いてあるインスタントラーメンや
レトルトカレーが並んでいるのだ。
しかもちゃんとProducts of Koreaとなっている。
どういうこと?
親しくさせて頂いている農水省の領事に聞いてみたところ、
「うーん、ウソの申請をしてのそのまま持ってきているんでしょうかね?」と
解せない様子。
関係者に聞き込みをしたところ、
見つかって没収されるまでは、どんどん売っちゃおうっていう
彼等独特の現場主義?!の現れなのかもということで落ち着いた。
うーん、日本にそこまでしろ!とは言わない。
でも、まだ規制対象になっていない物まで、
自主的に輸出を控える必要もないのでは、と思う。
日本人らしい、超真面目で超慎重な姿勢のお陰で、
のりたまが食べられなくなった。
私は悲しい。