日本を考える

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

以前、時事通信社の国際政治部記者の講演会に参加したことがあった。
その時、「日本は通り過ぎられる国になってしまった」と話していた。
欧米の国々は、今まで日本とのつながりを大切にしてきたが、
これからは、日本は通過点で、日本の先にある韓国・中国・インドが
メインになるだろうとの話しだった。
そして、先日ネットで、
「韓国はもやは日本のスペアではない」という記事を読んだ。
EU諸国は、依然、非関税障壁などにこだわり腰の重い日本を相手にせずに、
積極的な経済外交を繰り広げる韓国といい仲になりそう・・・という内容だった。
日本に住んでいる人と話すと
「日本はもうだめだよ」
「日本人は弱腰で、政府も全然ダメ」と、嘆く。
日本だけでなく、私の出身、山梨の人と話すと
「山梨はだめだよ、田舎だし」
「山梨はもう終わっているよ」と。
海外に住んでいると、日本が通り過ぎられているとか、
韓国が頑張っているとか、確かに鮮烈に感じることも多い。
仕事柄、中華系と話しをしていても、
最近は「日本人と何かをしたい」なんて、全く言われなくなってしまったし。
有識者と言われる人たちが、
日本の現状を語るのはいいと思う。
でも、何もしようとしない人たちが、その言葉だけを鵜呑みにして、
「日本はダメだ」と連呼するのはいかがな物かと思っている。
そう思うのなら、自分に出来ることを何かしようよ。
何も出来ないなら、せめて、ネガティブなことだけを
さも知っているように口にするのは止めようよ。
そして、日本人よ、もっと働こうよ!
かくいう私、はい、いっぱい働いています。
でもまだまだ足りない。
もっと働かなきゃ。
私が日本のために出来ることと仕事を結びつけて、
もっともっと働こうと思っている。
皆さんも頑張ろうね。

反日行動

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

某クライアント様から、
「中国の反日行動は、こちらに住む中国人にはどう影響するのか?」との
問い合わせがあった。
早速、つきあいのある中華系(中国本土&台湾系)数人に、
話を聞いてみた。
「アメリカにいる中国人には関係ないよ」
「本国で何が起きていても、我々が反日行動をとることはない」
「あれは、本当に日本が嫌いでやっている訳じゃないからね。
中国政府への不満を、あんな形ではき出しているだけ」
「こっちに住んでいる人は、いろんな情報が手にはいるから、
考え方も何もかも、本国の人とは違う」
「政治と物は、別でしょ。
あの島はみんな中国の領土だと思っているけど、
日本の物は良いから、買い続けるよ」
等々・・・・。
直接彼等からそんな声を聞くと、
やはり中国政府、中華民族は、我々日本人に比べると
色々な意味で本当に複雑なんだと感じた。
状況も民族感情も、そして政府のあり方も。
最後の、「あの島は中国の領土」発言は、
日本人として「カチン!」ときたけどね。

Asian American Expo

中国関係

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

Asian American Expo華人工商大展という、2日間で公称10万人の中華系が集まる
イベントがある。
毎年、中国の正月のちょっと前に行うイベントは、来年の1月で30回目を迎える。
うちの会社J-goodsは、雑誌を創刊した2003年から参加を始め、
来年で8回目となる。
毎年、10~15ブースを購入し、
それを雑誌掲載のクライアント様とシェアーして、
日本商品・日本文化を紹介する「日本通り」みたいなものを
作って商品販売を行っている。
さて、このイベント、前にもブログに書いたけど、
実のところ毎年来場者数が減っているのを肌で感じている。
でも、毎年彼等の公式発表は「去年より増えた!」なのだ。
7年も連続して参加していれば、そんなの見れば判る。
でも、絶対に減ったことは認めない。
今年、どう考えても減り続ける来場者数に対して、
彼等がどのような措置をするのか、
それによっては「来年は参加しない」と詰め寄ってみた。
それでも彼等は「来場者数は減っていない」の一点張り。
「じゃあ、いいよ、減っていないならそれでも。
じゃあ、来年もっと増やすためにはなにか考えているの?」と
まるで子供をあやすように話を進めてみた。
結論から言うと、何も考えていなかった。
それで集客のためのいくつかアイデアを提供したのが、今年6月の話し。
その後、どうなったのか見守っていたが、
来年1月のイベントに向けて、
何か大きな仕掛けをしているようにも見えない。
事の成り行き上、来年は参加する。
でも、2012年は、出ないかもしれない。
実際に、豊になった中華系は、娯楽も多様化し、
古いタイプのイベントに集客力が無くなるのも当然だと思う。
主催者側が、よほど腹をくくってイベント自体の形を変えなければ、
集客減少を止めることは出来ないと思う。
2011年1月15&16日(土日)
Pomona Fairplex
本当は起死回生の打開策が出てくるのを期待しているんだけどナー。
実はそんな底力というか、生き延びる力を中華系から
本気で学びたいと思っているんだけど、
どうだろうか?

となりのトトロ

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

実は結構アニメオタクである。
宮崎アニメについては、ちょっと語れるくらい、と思っていた。
その私の持論が、宮崎作品の最高峰は「アルプスの少女ハイジ」で、
映画では「ナウシカ」。
トトロや千と千尋なんて甘い!
「えっルパン三世カリオストロの城?いやいや、あれはルパンじゃないでしょ」
なんて思っていた。
で、白状するとトトロをこれまでに、ド真剣に見たことがなかったのだ。
昨日はじめて、本気で見た。
場面背景の美しさは、ハイジに匹敵するし、
キャラクター設定の濃さも、コナン並。
子供から大人まで「トトロ・トトロ」って言う意味が、
今更ながら判った!
ジブリ美術館でも、トトロを題材にした展示物が一番多いのも
今更ながら納得。
村人みんなが、沼で捜索しているときに、
さつきがサンダルをみて「メイのじゃない」って言ったシーンでは、
嬉しくて思わず涙が出てきてしまった。
さつきチャンがしっかりしすぎているのが、ちょっと鼻についたけど
あれはナウシカとかラナとかシータとか宮崎作品にずっと出てくる、
女の子キャラだからしょうがないね。
というわけで、今回は今更ながらですが、ゆる系オタクネタでした。

最高の男性!

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

昨日は、とある大先輩にお誘いいただき、
エンゼルスの松井選手を囲むお食事会に
連れて行ってもらった。
私は、ラジオのアナウンサー時代、
2回ほど松井選手にインタビューをしたことがあり、
その時の経験から、すっかり松井選手の大ファンになっていた。
その経験とは、以前もブログに書いたことがあるが、
最初の年にLAから電話インタビューをして、
その翌年、東京ドームに直接行って話を聞いた。
その時に、練習をして松井選手は遠くから私を見つけると
「ロサンゼルスの土橋さんですよね、去年電話でおはなしした」と
声を掛けて走ってきてくれたのだ!
もちろん松井選手が覚えていてくれた訳ではないと思う。
きっとその日のスケジュールを確認した際に、
マネージャーか広報からそう伝えられたんだと思う。
それでも、それでも、である。
一日何十というインタビューを受けているのに、
この心配り!!
すっかり感動した私は、それ以来、松井選手の大ファンになった。
もちろんプレイもかっこいいと思うが、
何よりその人間性にすっかり参ってしまった。
スーパースターになる人は違う!と。
で、その松井選手と10年ぶりの再会。
もちろん当時のことを覚えているはずもないが、
それでも、とても穏やかに私の話を聞きながら、
「そうでしたか、ボクはそんな受け答えをしていたんですね」なんて
笑顔で話してくれて、更に更にファンになってしまった。
やっぱり、最上級、超トップの人って、
男性としてももちろんステキだけど、人として人を惹きつける力があるのねー。
連れて行ってくださった大先輩が、
「おまえ、こういう時は図々しい位の方がいいんだ」と
これでも遠慮気味の私に、松井選手のすぐ近くに座るよう
席を勧めてくださったのが、大きかった。
すっかり調子に乗った私は、松井選手に
「松井さんと友達になりたいんですが、どうしたらいいですか?」
「答えはメールで送ってください」なんて言ってしまった。
まぁ、その答えはまだ来ていないけどね。
そういえば、一緒に参加していた、くら寿司の姥マネージャーに、
「超乙女になっている土橋さんを始めてみました。
目がキラキラしてましたよ」と、
素の私を見られてしまって、ちょっと恥ずかしかったなぁ。
P1000985.JPG

たこ焼たのた

グルメ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

トレーラーカーで、たこ焼きを焼いて販売している人がいる。
「たこやきたのた」さんだ。
昨日は、GardenaのK1 Speedという、
スポーツセンターの駐車場で、
いろいろなケータリングトラックが集まって、
ちょっとした屋台村になっていた。
そこにたのたさんが出ていたのだ。
8個で$5
日本人の感覚ではこれは安い!
しかも、1個がデカイ!!
ちゃんと丁寧に焼いているから、外側カリっとして、
中はふんわりトロリ。
マジで美味しかった!!
LAで、あんなに美味しいたこ焼きが食べられるとは
思っていなかった。
冷凍物も悪くないけど、やっぱり焼きたてのトロリ感は違う。
GardenaのK1 Speed
19032 S. Vermont Ave. Torrance
17:30-21:00
毎週木曜日
ということは、来週も仕事帰りに寄ろうっと!

先輩が亡くなった

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

前職のアナウンサーの仕事をするきっかけを作ってくださった方が
何人かいる。
その中の一人が、亡くなったと連絡が入った。
連絡をくれたのは、当時の同僚。
「久しぶりに電話したのに、良い話じゃないの」と。
亡くなったその先輩は、まず私に夏祭りの司会のチャンスをくださった。
それがきっかけで、その会社でアナウンサーをやらないかと、
社長さんから誘っていただいた。
私はとても迷っていた。
とても、とても・・・・。
でもそのときに、またその先輩が、
「やえちゃん、周りの人がなんて言おうと、
まずは自分の目で確かめてみるのもいいのかもよ」と
背中を押してくれた。
その一言で私はお誘いを受ける決心をした。
その言葉がなければ、たぶん、今の私はなかったと思う。
とても優秀な方だった。
私がLAで、最も尊敬している人の一人だった。
まだ40代。
ガンだったと聞いた。
武田浩美先輩
心からご冥福をお祈りいたします。

気が強い vs 我が強い

生活

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

先日、仲良くさせていただいているクライアントさんと
「どう?最近、浮いた話しはないの?」なんて話題になった。
私「ないのよねー、全く」
ク「やえさんは、我が強いからダメなんだよ」
・・・・・えっ、我が強い?!・・・・
翌日、また別のクライアントさんとランチをした。
若くてハンサムな独身男性だ。
なんとなく「タイプの女性について」の話しになり
ク「嫌いなタイプは、我が強い女性なんですよ」と。
また、その次の日は、某新聞社の若手営業男性とランチ。
ここでも、なんだかそんな話題になり、
私「○○さんは、ハンサムだからモテるでしょ?どんな女性がタイプなの?」
某「タイプって特別ないんですけどね、我の強い女性は苦手です」
おいおい、奇しくも3人から連日のコメント。
で、後者の2人は、我が強い女性が苦手で、
で、人様の目に映る私は、「我が強い女」ということらしい。
人様からは「気が強い」と思われているだろう事は、自覚していたけど、
そんなんじゃなくて「我が強い」と思われていたいたんだぁ。
いろんな歌の中で「気の強い眼差し」とか、
「気の強い感じがいい」なんて、
基本的にはちょっと強めの女性が人気がある昨今だと思っていたけど、
「気」はOKでも「我」はNGなのね。
どこが違うのか、自問自答を続け
反省することにします。

言い訳

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

はい、ブログの更新は実に3ヶ月以上振りになってしまいました。
言い訳してもいいですか?
実は最後の更新後、
猛烈な頭痛と、左目の痛みに襲われ、
1ヶ月以上も、毎日頭痛薬を常用する、
ちょっとヤバイ状態に陥っていたのです。
骨盤と脊髄のズレによる、頭の痛み・・・・だったみたいで、
今は完治。
一時は、くも膜下出血とか、脳梗塞とかを勝手に疑って、
かなりビビっていました。
要は、日頃の運動不足が原因。
でも、「運動しない」という生活習慣は、
なかなか替えられない。
というわけで、また、ブログ再開します。
ぜひ読んでください。

NKの誕生日

仕事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrDigg thisFlattr the authorShare on RedditShare on StumbleUponBuffer this page

今日はNKの誕生日だった。
同時にJ-goods6月号の入稿日。
Studio Vernoのオフィスで、朝から最終校正作業をしていたので、
Vernoのスタッフさんと一緒にお祝いをした。
NKは「一人でひっそりと誕生日を迎えようと思っていたんです」と。
いえいえ、なにをおっしゃいますか、花の20代、ひっそりと迎えるのにはまだ早い!!
これから楽しいことも、ワクワクすることもいっぱい待っています!!
NKにとって、今年一年が良い年でありますように。
そんな事を考えながらふと思い出したのは、7年前に他界した母のこと。
毎年、私の誕生日になると、日本から電話をしてきて
「あんた、今日は何の日か知っている?」と、開口一番言っていた。
我が家は、父と私が同じ9月生まれ。
私が日本にいた頃、母は決まって、父の誕生日の9月15日と私の誕生日には、炊き込みご飯と
赤飯を炊いていた。
彼女は、家族の誕生日を決して忘れずいた。
私の誕生日に母から電話が来なくなって、8年になる。
NKやKTのお母様と同じような気持ち・・・と言うわけにはいかないが、
せめて一緒にいる仲間として、誕生日はお祝いしたいと思っている。