インターン最終日

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

インターン最終日。
この日は、今まで用意してきた「アルコールラベルの比較調査」「中国、韓国人の食」についてのプレゼンを発表しました。

初めてあんなにパソコンで作業して、初めてプレゼンを本格的に作成して、何もかも初めてでしたが、自分なりに精一杯頑張りました。ことのちゃんとも、事前に確認しあい、意見交換をしてお互いのプレゼンを修正し、よりよい発表にしようと頑張りました。
発表後、土橋さんからは、大事なところに気づけていたと褒めていただきました。この3週間で、”気付く”ということがどれだけ価値があり大切なことであるかを学んできたので、自分たちがいいところに目をつけて気づけていたと褒めていただけたのは、とても自信になりました。自分たちのこの気づきが、少しでもだれかの役に立つ資料になり、何かにつながれば嬉しいなと思います。
プレゼンの資料は、大事なところが文字にできていないと、指摘していただきました。たしかに、私たちの資料は文字が少なく、大事なところが抜けていました。せっかく、調べた伝えたい部分が相手にうまく伝わらなければ意味がないと思います。資料作りはこれから沢山経験して、スキルをあげたいと思いました。

私は、もともと作文が苦手で自分の意見をうまくまとめられませんでした。しかし、このブログや車内でのディスカッション、プレゼンなどを通して、自分の心と向き合って、頭でよく考えて、意見をまとめて、具体化することで、今までよりも自分の意見をしっかりもてるようになった気がします。
アウトプットすることで、相手に伝えるだけではなく、自分はこういう考えを持っているのかと確認もできました。
今まで、意見を求められたら、”色々”や”沢山”という言葉でごまかしてきたけれど、これからは、その色々はどんなことなのか、たくさんどんなことがあるのかを、具体的に語れる人になりたいです。

私はもともとメディアに興味があって、その仕事の疑似体験ができればなと思ってこのプログラムに参加しました。
仕事では、広告の取材に行ったり、食レポをしたり、DAISO商品をテーマに沿って選び、写真を撮る作業をしたりと、本当に様々なことに挑戦する機会をくださりました。

写真を撮るときや紙面のデザインを考えている時の土橋さんを間近でみて感じたのは、メディアの仕事は、「相手に伝える」こと何よりが一番に重要だということです。常に情報を受け取る人のことを考えて、伝えたいことが伝わるように想いを込めて仕事に打ち込む土橋さんの姿は、本当にかっこよかったです。

仕事をする上で大切なこと、人として大切なこと、この3週間学んできたことをこれからの学生生活に活かしていきたいです。この研修を通してみえた、自分自身の足りない部分を、少しでも埋められるよう努力していきたいと思います。
たくさん考える機会を与えてくれたこと、はじめてのことに挑戦させてくれたこと、将来の道のヒントを与えてくれたこと、何もかも感謝しています。
お世話になりました。ありがとうございます。

インターン最終日

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

8/25日、インターン最終日を迎えました。
この日はアルコールラベルの比較調査と中国人、韓国人が食べる不思議な食べ物についてのプレゼンを行いました。アルコールの方はゆいかちゃんが、食べ物の方は私が中心となってパワーポイントをつくっていたので、この日までお互いがどういった発表に仕上げたか詳しくは知らない状態でした。リハーサルのようなことをした後に、ここはこの情報が必要じゃない?、この順番は逆の方が流れがいいかな、などとお互いに意見を出し合って最後の最後まで確認をしていました。特に、現状報告を終えた後の日本企業への提案といった形で自分たちなりに考えたことを発表する部分はお互いこの考えは譲れない、みたいなものを強くは言わないけどちゃんと伝えあっていたのが最初とはちがうなと思いました。土橋さんには、しゃべりすぎていたため資料として残っていないと言われてしまいましたが、よく気づけていたとも言っていただいたので良かったです。

この3週間、毎日学び続けていました。このブログでその都度学んだことは書いてたので、終えた今感じたことを書かせてもらいます。このブログには初めのほうは主に出版会社の仕事について初めて知ったことについて書いていましたが、途中からはその日に経験したことから考えたこと、感じたこと、気づいたことを書くようになっていました。私は将来メディア関係の仕事に就きたいとは特に考えていないので、その仕事に必要なスキルを学ぶというよりかは様々な体験をし、いろんな人の考え、文化に触れて、自分がどう考えるかが最も大切でした。このインターン中に学ぶべきことの本質に自然と気づいた結果がこの変化なんだと思いました。このブログは確実にこれから先も読み返すと思います。
また、自分が今しなければいけないこと、これから身に着けるべきであろうことのヒントをたくさん得ることができました。その一つとして、リーダーシップとは何かを探るというのがありました。リーダーには人から信用を得ないとなれない、そのためには責任感というプレッシャーに打ち勝つための武器をたくさん持っていないといけないんだと思いました。その武器はあらゆる方面に対応できるもので、知識も精神力も技術もまんべんなくないといけません。また、決断力がやはり一番大切なのかもしれないとも思いました。優柔不断ではチャンスは逃すし、それでは周りから信用もされません。そして組織は一人で成り立たせることは不可能なため、頼るべきところは頼るという適材適所を見極めることも大切だと思いました。
この時期に気づけて、気づかせていただいてよかったと思えることがその他にもたくさんありました。まだまだ勉強不足の私には、幸いあと二年間の学生生活が残されています。あらゆる分野に興味を持ち、人と関わり、いろんな場所に行って、すべて吸収し、目的をもって学んでいきたいと思います。

たくさんの学ぶ場を与えてくださった、土橋さん、家族、この研修中に私に関わってくれた方々、一緒に3週間学び続けたゆいかちゃんに本当に感謝しています。
ありがとうございました。お世話になりました。

PS:これからインターンにくる方たちへ
帰る最後の最後まで気を抜いてはいけません!気が緩むと一気に体調が悪くなります!私は帰国日の朝にものすごく体調を崩してつらかったです(笑)

インターン13

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は一日、オフィスで作業をしていました。わたしは主にアルコールの担当とタロイモの担当をしています。

アルコールのラベルのパワーポイントは自分なりにみやすくなるよう工夫しました。
私は作業のスピードが遅く効率が悪いので人一倍時間がかかってしまいます。
しかし、社会にでたときに効率が悪くて仕事が遅ければ、なんの役にも立たず、ただただ足を引っ張る存在になってしまうと思います。
私は社会に出るまでに、幸いあと2年あるので、今からでもできる努力がたくさんあります。第一に、作業の効率を上げる努力をし、次に、知識量、語彙力をつけたいです。
今まで特に努力をしてきていない自分に気づけたので、ここから2年自分なりに一生懸命頑張ります。

私は普段、思ったことや感じたことアイディアなど、人とシェアすることをしてきませんでした。しかし、アメリカにきて、j-goodsで研修させていただいて、常に考えて意見を持ってシェアするということの大切さを教えていただきました。
今までは、自分の思っていることを、”色々””たくさん”という言葉で、曖昧にまとめ満足してきたのですが、しっかりと頭を使って考えれば自分なりに言葉にしてアウトプットできるのだと学びました。
“自分の頭で考えて、整理して、意見を持つ”ということを日頃から習慣付けていれば、土橋さんや岸田さんのように、必要に応じてアウトプットできるのだと思います。
まずは自分の意見をしっかり持った上で、つぎに他者の意見にも耳が傾けられるようになりたいと思いました。

不思議な食べ物の調査では、タロイモを1つの方向からしか考えられず、答えにたどり着くことができませんでした。豆腐やお米などの方向性は商品をみてきてつかめていたのですが、タロイモは日本でも馴染みがなく、新しい発想で考えることができませんでした。
それは、物事をいろんな角度からみて考えられる頭の柔軟さと想像力が今の私には足りているからだと感じました。
物事を一方的な方向からしかみられないと、気づけることが限られてしまうけど、違った角度から様々な視点でみられるようになると、考えやアイディアが無限に広がると思います。

インターン13日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日も一日オフィスで明日の準備をしていました。
不思議な食べ物について、一つの面からしか考えることができていない部分がありました。たしかにいろいろ考えていたつもりでも、たどり着いたところは本質とは違っていました。そして、そこに気づくことができず、土橋さんに答えをもらってしまいました。なんのために二人で役割分担をして作業していたのか、お互いに気づけなかったところを修正し合うためだったのに、ととても反省しました。明日は仕上げと発表の練習をしてから、本番に臨みます。
夜には韓国の焼き肉に連れて行っていただきました。帰りの車で、何をこの3週間で学んだか、と聞かれました。一旦はいっぱいありすぎるなあ、と思ってしまいましたが、すぐに答えを出さないといけないのはわかっていたので、言語化できるように考えました。ここに来て改めて実感した自分の知識の少なさ、英語のできなさはもっと勉強しないといけないというモチベーションになりました。また、1か月海外で生活するという経験は英語にあまり興味のなかった私には非常に貴重なものでした。ここで生活したら海外に行きたくなるかもしれないと少しは思っていましたが、そうはなりませんでした。自分が今、大学生のうちに日本でしないといけないことがはっきり見えたからです。私は日本のことについても日本から見た世界についても知らなすぎました。敵を知り自らを知ると、絶対に負けない。戦うために知識を肥やしていきたいと思います。なんでそんなに日本がいいのかがわからないと言われてしまいましたが、私はまだ大学生で社会に出たことがないので、その答えはまだ発展途上にあります。ですが、日本にいながら世界関わることは自分の行動次第で可能なことだという結論は変わらないと思います。快適でないから自分は出ていくのではなく、快適でないなら自分がより良い方向に変えていく方法を考えられるようになりたいです。
日本の大学生は考えなさすぎると言われないように努力します。

インターン12

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は一日中オフィスでアルコールラベルのパワーポイント作成、中国韓国の食べ物試食、食レポ作成、不思議な食べ物のまとめをしました。

中国韓国の食べ物は、全体的に油っぽくて私は苦手でした。うまい棒やポン菓子に似たものや、野菜チップスなど、日本にもっと美味しいものがあるから海外に向けて売り込んでいくのもアリなのかなと思いました。

インスタントの蕎麦や、チーズ味のラーメンは思っていたより美味しくて、日本の進んだインスタント技術でもっと改良してより美味しいものが作れるのではないかと思います。

ホストマザーに今やっていることを話したら、「made in Japan とmade in China で同じ商品が売っていたとしたらmade in Japan を選ぶ」と言っていました。
やはり、日本で作られているものは他のアジアに比べ、信頼されているように思います。
だからこそ、中華マーケットや韓国マーケットにある米系に向けて売られているお菓子などに目を向けて、日本の企業もそこに参入して勝負できるのだと思います。

私はこの前のマーケット調査から、タロイモに注目していて、タロイモを使った何か新しい商品を考えてプレゼンしたいなと考えています。サツマイモを使った商品は日本にもたくさんあるけれど、タロイモはあまり見かけないので、そこにものすごい可能性があるように思いました。
豆腐や、穀物系、海苔などと組み合わせてみたり、新しい発想で何かアイディアを出したいです。

小千谷さんの食レポは、琴乃ちゃんの上手な日本語で、読んでいて本当に食べたくなるようなものができました。甲乙つけがたいや、緩急がつくなど、私が使いこなせないような表現を使っていて、さすがだなあと思いました。
わたしは圧倒的に読んでいる本が少なく、そういったことからこのように知識の差や表現力の差が生まれるのだなと痛感しました。
いつも、自分の思っていることを言葉にするのに苦戦します。それは、語彙力表現力に欠けているからです。どのようにこの気持ちを表現したらいいのか、それを言い表す言葉をそもそもあまり知らないのです。
上手な日本語で文を書いたり、自分の意見を相手にうまく伝たわるよう、今からでもいろんな本を読んで表現力、語彙力を身に付けたいです。

残りわずかのこのインターン、最後までしっかりとやり遂げたいです。
プレゼンの用意頑張ります。

インターン12日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は一日中オフィスで最終日に向けて準備をしていました。
方向性も固まり、あとはパワーポイントの作成、発表の仕方を考えていきます。食べ物のことについてのパワーポイントを私が、アルコールラベルについてはゆいかちゃんがまとめています。役割分担もできたので、どうしたらいいかな、と方向性が定まっていなかった時よりも作業のペースは速くなり、集中力もぐんと上がって1日がとてく早く感じました。ゆいかちゃんはいつも見やすい!と言ってくれますが、見やすさよりもわかりやすさだと土橋さんに言われてしまい、まだまだわかりにくい資料なのかもしれないと思い、考え直した部分もありました。
中国、韓国のお菓子を一生分と言っても過言ではないくらいたくさん食べました。「食べるのも仕事」を体感しました。

お昼には韓国系マーケットで買ってきた、インスタント食品を食べました。インスタント食品はお湯を入れるタイプしか食べたことがなく、それもあまり食べないので、用意するのに時間がかかってしまいました。また、料理を普段全くしないのでそばを水でしめるという行為ができませんでした。これらのことに土橋さんには大変驚かれてしまいました。常識がない、これからどう生きていくのか、といったことを言われていしまい、すごく恥ずかしかったです。この20年間の自分の温室育ちさを改めて痛感しました。甘えてきたことは十分自覚しているうえで、それは親が与えてくれたものだからとありがたく受け取っていましたが、学生の間に自立していくことを覚えないといけないと思いました。
チノヒルズの小千谷さんの食レポを提出しました。ゆいかちゃんが写真、私が文を担当しようとなんとなく決まっていたので、大体の文は考えてその後ゆいかちゃんに付け足ししてもらいました。食レポは及第点と言ってもらえてうれしかったです。本をたくさん読んでいてよかったな、と思いました。こういう瞬間はすごくたくさんあるので、これからもいろんなジャンルの本をたくさん読み続けたいです。

明日で準備は最後なので、夜の焼き肉を楽しみに頑張ります。

インターン11

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は久しぶりに車移動があり、いつものように、気づいたことや思ったことを話し合いました。その中で土橋さんから「有意注意」という言葉を教えていただきました。
物事をみるときには、意識を集中させて目的をもって真剣に行動する必要があるという意味で、初めて耳にする言葉でした。

社会人は、ビジネスにしても何にしても、気づいたもの勝ちで、気付かない人と気付く人では価値に大きな差がでるそうです。
気付かない人は、自分にとって有益なことにも気付かずチャンスを逃していることにさえも気付かないということになります。
日頃から土橋さんに、何かをするたびに「何に気づいた?どう思った?」と聞かれていたのは、まさにこのことだったのだと思いました。自分の気持ち次第でいくらでも新しい気づきが生まれるし、気付くことは生きていく中で重要なことのように感じます。
何かに気付くには、そこに自分の意思を集中させて物事をみるのが必要です。わたしには社会人になるまでまだ時間があるので、今から「気付く」ということにもっと真剣に取り組んでいき、社会にでたとき人一倍、何かに気付ける人間になりたいです。

マーケットでの調査では、新しい発見ができました。
例を挙げると、今まで「調味料みたいだなあこのお酒」と思っていた中国のお酒は、本当に調味料だったという事実や、中国人に飲まれているお酒のほとんどは、箱に入れてあるということ、日本のお酒の種類、ブランドは、中国や韓国に比べて豊富だということです。

不思議な食べ物調査では、海苔や、トウモロコシ、たろいも、などの穀物系が人気だなと感じました。なぜかというと、加工品や冷凍食品、お菓子コーナーと、様々な売り場でもこの食材を用いたものがちらほら見受けられたからです。
特にわたしは、サツマイモやタロイモに目をつけています!
日本のスーパーのことをよく知らずに調査してるので、不思議な食べ物探しではお菓子くらいしか可能性のある食べ物を見つけられないのが悔しいですが、発見できたことをこれからパワーポイントにしっかりまとめていきたいと思います。

インターン11日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は中華系の99Ranch Marketと韓国系のH―martに行きました。

昨日出し合った課題を解決することができ、新たに分かったこともありました。食べ物の調査についても初めに行った時よりも多くのことに気づけたと思います。私たちが気になって写真を撮ったものがたくさん土橋さんのカートに入っていて、方向性は間違っていないことがわかり、うれしかったです。

今日のRanch MarketはSan Gabriel Valleyというところにあり、この街には中国人がたくさんいてJ-goodsを読んでいる人が多いことを教えていただいてから向かいました。ダイソーに置かれているJ-goodsはすでになくなっていました。他のダイソーに置かれているJ-goodsも他の情報誌よりも減っていましたが、空っぽになっているのは私がここにきてから初めて見た気がします。それだけ日本の情報がこの町に住む中国人には需要があるんだな、と思いました。また、ここにはRanch Marketだけでなく他にもたくさんの中華系のお店があり、店員さんはもちろん、お客さんも私が見た限りではみんな中国人で、マーケットの規模もすごく大きかったです。その後行ったH-martではお店の人もお客さんも多いのは多かったのですが、みんなが韓国人という印象はありませんでした。米系のスーパーで見られるものも売られているのはこちらのほうが多かったです。世界一の人口を誇る中国だからそもそもの分母が違うといえばそうかもしれませんが、これは中国系コミュニティがとても発達していることを表していると思いました。

車の中で『気づくこと』の大切さを改めて教えていただきました。気づいたもの勝ちで気がつかなかった人は価値が下がる、気づかないとは損にも得にも気がつかないこと、という言葉が印象に残りました。アンテナを張りめぐらせ、意識を注いで気づきに貪欲になりたいと思います。今回の調査での気づきは下手な鉄砲も数撃てば当たるという面が多かったのですが、これからはより正確さを増していけるようにしたいです。そして、それをどのようにアウトプットするかは自分の力量次第だともいわれた気がしました。だからどうなのか、どう行動するのかその先まで見据えていきたいと思います。

今日のお昼は中華をごちそうしていただきました。あんなに大きい熱々の小籠包をストローで吸うなんてなかなかできない経験でした。どれも本当に美味しかったです。

明日からは最終日に向けて資料の作成をがんばります。

インターン⑩

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は1日、オフィスにて琴乃ちゃんと、アルコールラベルの比較調査のパワーポイント作成、意見のまとめ作業をしていました。

アルコールラベルの調査は、お互いに気づいたことを挙げていき、なんでだろうと疑問に思ったことをネットで調べていきました。ネットで調べてわかったこともあれば、納得いく答えがわからなかったこともあるので、明日の現場調査でもう一度よく確認してきたいと思います。
確認してきたいこともリストアップして、やるべきことがはっきりしているので明日は今までより効率よく調査できる気がします!

不思議な食べ物に関しては、今まで正直どんなことに気づけば良いのかピンときていなかったのですが、土橋さんから例を頂きようやく理解できました。

trader joe’sや韓国系スーパーに売っているお米を使ったお菓子で、日本のおかきやおこしに似たものがそれぞれ存在していました。
それは、日本の和の味と海外の甘い味とが融合した感じでとても面白いと思いました。

また、試食している際、trader joe’s に売っている日本の会社が作っているおかきは、普段わたしが食べているものより硬いように感じていました。
あとから土橋さんに、アメリカ人は日本人よりも唾液の分泌量が多いから、日本の硬さだと柔らかく感じてしまうと聞き、とても興味深かったです。逆に私からしたら、アメリカで売られているおかきは硬すぎました笑

このように、日本にも似たものがあるのに、こっちにまだ進出してきていない食べ物がまだまだたくさんあるのだと思います。
明日の調査では原材料にも目を向けて、日本の企業が参入できそうな可能性のある食べ物見つけてきたいです。

インターン10日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日で10日が経ち、残り4日となりました。時間が経つのが早すぎて本当に驚いています。

今日は1日中オフィスで最終日の準備をしていました。
いきなりパワーポイントを作るのではなく、最初は自分たちが今持っている情報をすべて出し合い、まとめました。すると、まだまだ詰めが甘かったり、新たに気になることが結構出てきてしまいした。あと4日しかないのに、とゆいかちゃんと二人で慌てました(笑)
韓国系のマーケットに行く前に、一番初めの中華系マーケットで得た反省点を整理したことが幸いして、中華系マーケットの調査よりは足りない情報が少ないように感じました。一度落ち着かせる、知りたいこと、目的をはっきりさせることの重要性を実感しています。逆に中華系のマーケットの関しては、あれも知りたい、これも確認したい、などたくさん出てきました。これも韓国系マーケットでの調査を経たからこその気づきだと思っています。
不思議な食べ物に関しては、どのマーケットからも情報が少なすぎました。これはアルコールラベルの比較調査ほどはっきりと目的を理解できていなかったことに落ち度がありました。今日、再度土橋さんに例を教えていただいて、ようやく知りたいことが見えてきました。遅すぎると自分でも思いますが、ここから挽回できるように必死で情報を集めていきたいと思います。
今日は主に韓国のお酒、中国のお菓子についてたくさん調べてみました。それらを鵜呑みにはしませんが、様々な見方が存在して面白い記事がたくさんあり、勉強になりました。