○インターン最終日○

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

こんにちは!
最終出勤日の翌日早朝、無事にLAXを発ち日本に帰国してすぐ次の日から学校だったため最終日の更新が遅れてしまいました…

あっという間の9日間、しかし振り返ってみると「あっという間」という言葉では全く足りないほど内容の濃い研修だったと思います。

最終日は、これまでの研修を振り返り自分自身でまとめたものと、リサーチ報告をさゆかと共同でまとめたものの二つを発表しました。パワーポイント作成は文字が多すぎても少なすぎても見にくくなってしまうと考え、自分が伝えたいことを簡潔にかつしっかりと載せるように意識しました。人に自分の考えを伝えるための手段はたくさんあるけれど、これから社会に出ると今どの手段を使えば相手に自分の考えや思いをきちんと伝えられるかを考えて使いこなせなければならないと強く感じました。

まだまだ身につけなければならないことが山のようにある私たちですが、改めて思い返すと普段何気なく受けている授業をもっとしっかりと吸収すれば身につくものも多く、無駄なものはひとつも無いのだと気付くことができました。

あと一年半の学生生活で、今しかできないことや今だからこそやるべきことを少しでも多く自分の経験として積んでいこうと思います。

これからも、「有意注意で日々を過ごす」といつも心がけて悔いのないよう生きていけるといいなと思います。いや、そうします!

日々の勉強や就活などこれから更に忙しくなると思いますが、悩んだとき、自分のやりたいことが分からなくなった時はこのブログを見返そうと思います。

19歳のこのタイミングでJ-goodsでインターンシップができ、また土橋さんに出会えて私は運が良かったと思います!なんてラッキー!幸せ者!

恐らく何年経ってもこのインターンシップの日々を思い出すと思います。

ありがとうございました。

インターン8日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は、J-GOODS12月号に掲載するダイソージャパンの商品の撮影を行いました。
今回は12月ということもあり、クリスマスのものや、冬を温かく過ごすためのスヌードや手袋、鍋や丼などをピックアップしました。写真映えするよう、カラフルなものを多めにし、目を引くようなデザインも選びました。
撮影ではライトや一眼レフカメラを使用し、本格的に撮影を行いました。
どう光を当てれば商品がよりはっきり、より鮮明に映るか試行錯誤を重ねていき、何枚も写真を撮り、やっとのことで納得のいく一枚が撮れる。そういうことを繰り返していくうちに、プロのカメラマンは本当に大変なんだな、としみじみ思いました。
商品を撮影するにあたって、もうひとつ大変なことがありました。
それは、スヌードや、靴下、手袋などといった柔らかい素材でできていて、自立できない商品をいかに支えて形を保ったまま撮影するかということです。
ビンや自立させるための棒を使ったり、手で持ったりしても、なかなかうまくいかず、とても時間がかかりました。
そのなかで、スヌードだけは自分の中で可愛く撮影することができたので嬉しかったです。
箸置きの撮影は土橋さんにアイディアをもらい、箸との組み合わせで撮影しました。
一日中撮影に費やしてみて、私は雑誌のほんの一ページを作ることがこんなにも大変なのだな、と感じました。

写真は試行錯誤しつつ撮影をする友人

○インターン8日目○

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

こんにちは!

今日はいよいよ写真撮影の日!

先週自分たちでピックアップしてきた商品を一つずつ撮影するのですが、明るさや角度どんな風に使えるものなのかを伝わるように静止画に収めるってすごく難しいことだと分かりました。箸置き一つでも並べる際の色のバランスだったり、実際に箸を乗せてみたり、光の当て方を工夫したり、、、

何とか全ての商品を取り終え時計を見たらもう3時!

LAに来てから時間の経つスピードが日本にいる時より早く感じるのは、やることが多く集中しているから…?とにかく充実している日々を送ることが出来ています。

あとは最終日の振り返りプレゼンが無事に終わりますように。

○インターン7日目○

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

こんにちは!

いよいよ残り3日となりましたね…
今日は午前中すべて使って、最終日に発表するパワーポイントの作成に取り組みました。

午後は、Jgoodsに長年広告を掲載しているキッコーマンさんがキッコーマンの醤油を使用しているレストランを応援紹介する、という記事の撮影、取材に行ってきました。

出てくる沢山のおいしそうな料理!「おいしそう」を写真で伝えるのって実はすごく難しい。土橋さんもレフ版で光を調節しながらどの角度が一番おいしさが伝わる写真になるか、試行錯誤しているようでした。

もともと香港の店舗でもキッコーマンの醤油を使用していたらしく、今回LAの店舗でも使用する事にしたそうです。日本の味が世界でもちゃんと認められていることがとても誇らしい!

それでは、どれだけの日本人がこのことを知っているのだろうか、実は意外と日本人が自分たちの味のすばらしさにまだ気付けていないのでは…?

インターン7日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は、午前中に金曜日のプレゼン用の資料を、パワーポイントで制作し、午後はキッコーマンを使用している料理店に出向いて、写真撮影と取材を行いました。
パワーポイントの方は着々と準備が進んでおり、うまく発表出来るように頑張って作り上げたいと思います。
作っている過程で、今までの研修を振り返り、自分がこんなにもさまざまな体験をさせてもらっていたことに本当に感動しました。
午後の中華料理店での取材では、レフ版を使い、中華料理の撮影をしました。
お店の方たちはとても親切で、とても楽しかったです。撮影が終わった後の料理もはじめて食べたものも多かったのですが、どれも本当に美味しかったです。
特に揚げ豆腐がお気に入りです。
帰りの車の中でも、色々な発見があり、最終日にどれだけ自分が成長できているか期待です。

写真撮影中

インターン6日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日はMITSUWAのフードコートでナカモトさんという水を販売している業者さんと、フードコートで牛タンを販売しているTSUKASAさんとのミーティングがありました。
ナカモトさんとの話し合いの中で私はとても感嘆したことが二つありました。
1つは、この水を買う人のほとんどが経営者だということ、そしてなぜなら従業員に代わりはいても経営者は自分ひとりなのだから、健康でいなければいけないから。というところです。
2つ目は、経営者やお金のある人は、ある程度の成功を収めた人たちなので、そういう人は他の人の幸せを願えるようになるため、贈り物としてこの商品を購入する場合があるということでした。
その場合、一人の顧客が買ってくれる水がいくつも増えていくので、利益も増えます。
その点に私は本当にすごいなと思いました。
TSUKASAさんとのミーティングは、お店のメニューの構成デザインと一部メニューの値段の変更についてでした。
そこで私は、飲食店を経営することは、大変難しいということを知りました。
理由としては、最低賃金が上がると従業員の給料も上げないといけないからです。
ですが、そういうところを含め長くお店を続けていることに、すごいと思いました。

帰りの車の中で、日本はいいものを安く売る努力をしている、けれど、アメリカはいいものなら高くても買うという考え方をしている。という違いについてディスカッションし、アメリカは生産者側の事もよく考えているのだなと思いました。
その中で「フェアトレード」という言葉の意味がちゃんと理解できたときに、浪人していたころ英語の過去問でその意味をきちんと理解できず、苦戦していたことを思い出し、もしあのとき、自分の知識や見聞がもっと広かったら、今頃は行きたかった大学に行けたのかなと思いました。

写真は良いアイディアに使えそうなわさび

○インターン6日目○

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

こんにちは!

6日目の昨日はミツワマーケットプレイスのフードコートにて、中国人に向けて新たに広告を打ち出したいと考えている水素水販売会社のナカモトさんとお会いしてきました。ナカモトさんが実際にどのような方向で宣伝したいのか、どんな客層を狙っているのかを伺い、そのうえで土橋さんはアメリカ国内の中国人が占める割合の高さや、J-Gooodsの配布状況と中国人の読者が圧倒的に多いことを説明し、J-Goodsに広告を出すことのメリットをきちんと伝えていました。

広告というのはいくら予想を立てたとしてもとにかくやってみないと効果は誰にもわからないもの。モノではなく宣伝の場所と機会を売り、そのサポートも行うというのは難しいが、もしかしたら結果が0.5倍になるかもしれない、はたまた100倍に化けるかもしれない、そんな可能性を秘めている仕事だなと感じました。

15年かけて土橋さんが培った営業力と人脈と実績がこうして今も新しいつながりを生んでいるんだなぁ。

その後、そのフードコートに出店している牛タンTsuKaSaのマネージャーTomomiさんと、店頭のメニューパネルのデザイン変更について打ち合わせをしました。

最低賃金アップに伴うメニューの値上げ。日本では商品の値上げをしない代わりに他の経費を削る企業が多く見られます。消費者としての立場からすると一見いいことに思えますが、その削られている経費が実は人件費だったりするのです。一方アメリカでは企業が従業員の価値をきちんと理解し働きに見合った給料を払うために値上げをします。入る収入も増えるから支出が増えても家計が成り立つ、日本とは真逆の経済の回り方ですが、果たしてどちらの方が国が発展していくでしょうか?

その答えはもしかしたら私が生きている間に現れてしまうかもしれない。でも今このことに興味を持つ若者が増えれば未来はいい方向に変えられる、かも!

この先この国を動かしていくのは私たち世代の役割。頑張ろう。

P.S.
TsuKaSaさんの牛タン弁当、とっても美味しかったです!!(実は人生初牛タン、まさかLAで食べるとは、、、)

インターン5日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は、韓国系スーパーのS Martと中国系スーパーの99 Ranch Market、日系スーパーのMarukaiにリサーチに行きました。今回も日本では見たことのない食材や加工品が沢山ありました。S Martではココナッツやアロエ、穀物などが多く、穀物に至ってはお茶になっていたりお菓子になっていたりと、色々なバリエーションで食べられるように工夫がされていました。99でも韓国系程穀物事態は置いていませんでしたが、穀物のお茶やお菓子は多かったです。
こうして日本と比べてみると、その国々で作られているものを美味しく食べようという工夫がなされていて、すごく勉強になりました。
ずっと日本にいたら気が付かなかったことがたくさんあり、毎日が驚きの連続です。
驚くことは脳にいいと聞いたことがあるので、アメリカに来てだいぶ脳のしわが増えたと思います。

○インターン5日目○

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

こんにちは!

先週のリサーチの反省をもとに昨日は中国系のスーパーに行ってきました。

自分たちが今まで見つけてきた面白いものの中からこれは掘っていくと面白いかも!という土橋さんからの助言もいただき、中国系・日系・韓国系の3つのスーパーを見てこの日のリサーチは終了しました。

家に帰ったあと2人で電話をし、金曜日までに仕上げなければいけないパワーポイントについて話し合いました。

何となく全体像が見えてきてはいますが、「何となく」のままだと作成する過程で少しずつ伝えたいことがぶれてきたり、最終的にぼやけたものになってしまうので、限られた時間の中で少しでもいいものが出来るよう2人で内容を詰めていこうと思います。

○インターン4日目○

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は土橋さんと一緒にメキシカンのお店でお昼を食べた後、J-Goodsの中に毎号1ページ使って連載しているDAISO JAPANに行き、次号に掲載する商品をピックアップしてくるという作業でした。

12月号という事でテーマは冬。

しかし、いざ店舗に行くとまだ防寒グッズやクリスマス商品は少なく、急遽テーマを追加する事に。土橋さんから好きなテーマで商品を集めてみてと言われ、コスメというテーマにを決めていくつか集めたはいいものの、アメリカ製の物も選んでしまっていたり、全体の色が地味!!ということで即ボツ。。。

その後私たちを引き連れ土橋さんがピックアップし始めたのはなんと土鍋。可愛らしく日本ならではの土鍋や食器など、かごに入っていく商品はどれも魅力的なものばかり!

私たちは最初自分たちで選ぶときに、このピックアップした商品で実際にどんな風に1ページを仕上げようか、という想像が全く足りていませんでした。

雑誌というのは自分が載せたいものを載せるのも確かに大切だけれども、

それよりも読んでくれる人がこの雑誌で見たいものは何か、

どんなものを載せれば自分が伝えたいことが読者に伝わるか、

それらが合致したものがより多くの人々に読んでもらえる雑誌になるのだと感じました。

P.S.今日行ったメキシカンはお店の雰囲気はおしゃれなものの、お昼時なのにも関わらずお客さんは私たちだけでした。
アメリカの人も大好きなメキシカン料理、流行るお店と潰れてしまうお店、どんな差があるのだろうか。。。