インターン1日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

待ちに待った1回目のインターンシップが終了しました。初日の感想を一言で表すとしたら、『体力不足』でした。WiFiがない環境に置かれているため、降りるバス停に迷ったり…メンバー3人の緊張が手に取るようにわかりました。企業先に到着してからも、初対面のこれからお世話になる方にどう接していいのか 緊張がほぐれませんでしたが、どうにか1日目を終えました。明日からは頭を使えとしつこく言われないよう、気持ちを入れ替えて頑張ろうと思います。お疲れ様でした。

インターン14日目(最終日)

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日で3週間のインターンがとうとう終わってしまいました。
本当に、本当にたくさんの経験をさせて頂きました。
土橋さんをはじめ、大人の方にお世話になりっぱなしの3週間でした。

何が一番思い出に残ってる?という質問には、
答えが見つかりません。
毎日毎日、感じて、考えて、吸収して、
こんなにも毎日、頭をフル回転させていたのは、初めてでした。

・社会で働くいうことは、自分次第で楽しもうとできること
・なりたい自分を想像して、逆算して今すべきことをすること
・リスクはリスクだと言う方がリスクだということ
3週間でお話していただいたことを。
これから何度も自分の中で反復して、これからの糧にしたいと思います。

3週間の研修のなかで、
いかに自分が未熟なのか、どれほど無知なのかを知りました。
以前の私だと、自分の弱いところを見つけたら、
自分はそれまでの人間なんだ、何もできることはない。
と、自分に失望するばかりでした。
しかし、アメリカに来て、弱点を見つけたとき、
彩乃さんがフォローしてくれたり、
解決策のヒントを土橋さんが下さったりと、周りの人に
支えられて、きちんと向き合うことが出来ました。
弱点は伸びしろ。むしろ、成長できるチャンスだと思うようになりました。

弱点だけではなくて、自分で自分のいいところを
見つけることもできました。
自分がどんなことをするのが得意なのか、
何に興味があるのか、それを見つけて磨いていきたいと思います。

初めて1カ月間、家を離れて、家族の存在も強く感じました。
このインターンシップに、賛成して、送り出してくれたこと、
毎日家族のために働いてくれていること、
今まできちんと育ててきてくれたこと、
本当に感謝しなければなりません。
恥ずかしくて口では言えないので、お土産と一緒に
手紙で伝えたいと思います。

最後に、土橋さん3週間ありがとうございました。
毎日スケジュールがパンパンなのに、
私たちを受け入れて下さって、
愛を持って指導してくださったこと、とてもありがたく思います。
最後によく頑張ったねと言われて、うれしくて胸が一杯になりました。
土橋さんのように、かっこいい女性に、人と人を繋げられる力を持つ人に
私もなりたいと思います。
インターンシップ先がJgoods planningで良かったです。
当たりです!!
本当に、ありがとうございました。

阪野香子

インターン13日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日はリサーチの日。
朝から、ショッピングモールに向かい、
調査を行いました。

まず初めに向かったのは、VEB-MOというお酒屋さん。
ここでは、昨日会議の話題になっていた、
日本のウイスキーが、どういう状況で販売されているのかを見ました。
ウイスキー売り場に向かうと、ずらっと三段の高さの棚が並んでいました。
その中には、大きなガラスの棚と、小さなガラスの棚が一つずつありました。
日本のウイスキーが並んでいたのは、その小さなガラスの棚の中でした。
大きな棚よりも、目立つところにありました。
お店のスタッフによると、日本のウイスキーは比較的高価で、希少なため
このようにカギをかけられる棚に置いておくのだそうです。
私は今日、サントリーの白州を探していたのですが、ありませんでした。
サントリーの商品で取り扱われていたのは、「季TOKI」の
一種類でした。海外で日本のウイスキーブームが来てから、
樽がどんどんなくなってきてしまい、流通しにくくなっているそうです。
ブームだからといって、長い年月をかけて作られた有限なものを、
行き先考えず、売られてきたことを少し残念に思いました。

その次に、TRADER JOE’sとWhole Foods Marketの2つの
比較調査行いました。
どちらも、今アメリカで大人気のスーパーマーケットです。
オーガニックの取り扱いが多いところは、似ているところですが、
それぞれの特徴があり、店内を何周しても飽きることはありませんでした。

とくにおもしろい、と思ったのは、商品の配置の仕方です。
トレーダージョーズは、アメリカに来てから今日で3回目ですが、
初めて来たときから、変わっているなと思ったのが、
商品の配置です。
冷凍品の上に、お菓子屋、ジャムなどが置いてあり、
一見、置き場所がないからそうしているのだと思いました。

しかし、今日お客さんの買い物を観察していると、
その特殊な配置が、無意識な購入意思に繋がっているのではないか
と思われる、行動が見られました。

一方で、ホールフーズは、量り売りにこだわっている様子が伺えました。
欲しいものを適切な分購入することが、無駄を省き、
またそれが体にも環境にもエコ、ということに繋がるのではないかと
思いました。

自分が買い物するだけでは見られない、スーパーの様子を見ることが出来て
とても面白かったです。

インターン 12日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は、朝からフロントラインさんとの打ち合わせに
同行させていただきました。
フロントラインさんとの打ち合わせは、今回2回目ですが、
本当に面白い!私はお話を聞いているだけですが、ワクワクします。

あれ?本来の話から脱線したんじゃない?と思っていると、
それをきっかけに、すぐその場所で新たな企画が生まれてしまうんです。
それは、そこに参加するビジネスのプロたちが、
人の発言を「有意注意」で聞いているからだと思いました。

この人は、なぜこのタイミングでこの話題を持ち出したのか、
この話は、何かと結び付けられるのではないか
そう常にアンテナを張っていることこそが、
クリエイティブなことをする上で、大事なのだと思いました。
クリエイティブな人って、変わった考えを持っている人だと思っていましたが
今日の会議の様子をみて、人から聞いた話や、
自分の見たことを、どれだけうまく組み合わせられるか、
が本当の“クリエイティブな人材”なのではないかと考えました。

しかし、時にそのクリエイティブさを履き間違える
ビジネスマンもいます。
“MINISO”です。
私はアメリカに来て幾度か、この看板を目にして、
「新しい名前のDAISOが出来ている!」と思っていました。
ハリウッドの中心街、トーランスの高級ショッピングモール
とても立地の良いところばかりです。

しかしこのMINISOはDAISOではありません。
中国人の経営者が、
日本のDAISO、ユニクロ、無印良品からアイディアを得て
それらに似た商品を販売しているのです。
本社の所在地も東京とし、
デザイナーも日本人を起用し、
日本ブランドがほしいがための戦略にしか思えません。
それがビジネスマンとして、賢のかもしれませんが、
一人の日本人として、やはりいい気はしません。
アイデアを得て、それをビジネスにするのなら、
モラルを守る必要があると思いました。

インターン 11日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は朝からものすごく濃い一日になりました。
ずっと車で移動していたのですが、
今日の走行距離はおよそ230キロ。
これはおよそ京都、静岡間と等しい距離になります。
こんなにも長い距離をずっと一人で運転し、
私との会話の時間も大切にしてくださる、
土橋さんに本当に感謝です。

昨日ピックアップした、出来立てほやほやの3月号を
8件のお店や会社に配りに行きました。
たくさんの時間をかけて、私たちインターン生も、
手伝わせていただいたこの雑誌が、多くの方の目に留まって
生活の中に取り込んでいただけたらいいなと思います。

そしてなにより今日のハイライトは、在米台湾人の方々が主催される、
台湾地震のチャリティーイベントのミーティングに、
参加させていただいたことです。

先月台湾東部で起こった地震の被災地のために、
なにかしたいと、アメリカに住む一般の台湾人の方が
声をあげ、実際に3月3日に行われることなりました。

一般の人がすごい!とはじめは思いましたが、
でも一般の人たちだからこその人脈があり、
動かせるものがあるから、このようなイベントが開けるのだと思いました。

そしてそのミーティングには、Miss Teen Asia USAの、
サブリナさんもいらっしゃいました。
背が高くて顔が小さくて、何よりセクシー!
そんな彼女に年齢を聞くと、なんと16歳でした。
私より、女性らしい彼女の魅力は容姿だけではありません。

彼女は、アメリカで生まれ育ち、アメリカと中国語を話すことが出来ます。
話し方や、話の聞き方から、きっときちんと勉強されてきたのだなあと思いました。
また、気づかいや人に対する感謝も、欠かしません。
取材に来られた方に、丁寧にお礼を述べ、
高いヒールを履き、大きなティアラまで載せているのに、
自ら動くことを惜しみません。

容姿も中身も美しい彼女だからこそ、
Miss Teen Asia USAという肩書きを、
キープすることが出来るのだと思いました。

インターン10日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は朝から、3月号の配達に行きました。
East LAというロサンゼルス東部にある、
中華系の人々が多く住んでいる地域にある、お店を主に回りました。

中国系の方が、市民の7割を占める町で驚いたのは、
高級ホテルが2つポンポンと、建っていたことでした。
街並みきれいですが、正直ものすごく発展しているというような
様子ではありませんでした。
その中で、有名ホテルのマークが急に見えて、
大きな通り沿いに、立っていたのは少し違和感を覚えました。

中国本土から、LAに住む親せきを訪ねるひとや、、
新しく移住しようと考えている人が泊まるのではないかと、
土橋さんから伺いました。
今ものすごく景気づいていて、お金持ちが多い中国ならではだなあと思いました。

そして今私は、土橋さんにインスタグラムについて、
レクチャーする資料を作成中です。
携帯を触ればインスタ。というほど、一日に何度も見ているインスタグラムですが
それを活字にして、「伝える」のは、とても難しいです。

J-goods planningのインスタグラムが、
もっとたくさんの方に見てもらえるページになるように、
J-goods planningに興味をもってくれる方が増えるように、
頑張ります

お休みの日 5日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は先週からお世話になりっぱなしの、真理子さん親子に
あちこち連れて行ってもらいました。

まず最初は、日本人の方が経営されているグルテンフリーのパン屋さん。
“Hirari Bakery”
中で食べられるようになっていて、20席の客席は満席でした。
どのパンも、普通の小麦粉のパンではでないような
ふっくらともちもちした食感がたまりません。全メニュー制覇したい!

次に、レドンドビーチに行きました。
初日にサンタモニカビーチに行ったり、
ランチョスパレスバーデスの夕焼けを見に行ったりと、
海の近くまで行っていたものの、砂浜まではいけてなかったので
すごくうれしかったです。
ビーチはとても広く、きれいで、
一日ここでボーっとしているのもいいなあと思いました

そしてSKY ZONEという、
トランプリンのアトラクション施設に行きました。
一緒に行ったあおいちゃんと同じように、
ずっと遊んでいるつもりでしたが、
15分でヘトヘトになってしまいました。
まっすぐ飛んでいるだけでも、難しいんです!
バク転ができるまで、練習しているあおいちゃんが、かっこよかったです。
ダイエットがすべてではなく、体を鍛えたいと思いました。

お忙しいのに、いろんなところに連れて行ってもらい、
たくさんお話させていただいて、本当に充実した最後の休日になりました。

たくさん体を動かしたあと、マインドフルネスというセミナーに
参加させていただきました。
今を過ごしている中で、自分は何を感じ、考えているのかを考えてみる。
途絶えることなく続ける、「呼吸」に集中する。
そのようなことを続けることで、集中力を高められるようになるそうです。
呼吸の数を数えるのですが、どんどん違うことを考えてしまって、
全然集中できませんでした。
集中するってどういうことなんだろうっと考えると余計に、
集中できなくて、本当に難しかったです。

お休みの日 4日目

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

今日は彩乃さんと朝8時から、ファーマーズマーケットに行きました。
市場に着いてびっくり。
Organicと書かれているものがほとんどで、
さっき畑で取れましたというような、新鮮さ溢れる野菜やフルーツが
並べられていました。

そして真っ先に向かったのは、土橋さんに教えて頂いた
Rice Manという、アメリカで育てられた、
オーガニックで日本の品種のお米を販売しているお店でした。
仕込みでお忙しいのに、私たちが挨拶をすると、
コーヒーを出して、お話させていただく時間を作っていただきました。

この2週間で、
「日本が一番農薬を使っている。アメリカの方が無農薬は進んでいる」
ということを、初めて知り、かなりの衝撃を受けた私でしたが、
今日の岡野さんのお話を聞いてさらにショックを受けました。

日本国内の農産物が、原発事故による放射能や、農薬の過剰な使用によって
信用されてないことで、アメリカで作ったお米でさえ、
なかなか理解してもらえないそうです。
レッテルはすぐに張られるのに、
一度失った信用は、取り返すことが難しいのだということを、目の当たりにしました。
アメリカの人に食べやすいように、おにぎりの海苔は
くり貫いてあったり、カリフォルニアロールにしてあったりと
たくさん工夫されていました。

ロサンゼルスに来て、ずっと驚いているのは
他国料理が、本当に本場の味だということです。
中華も、インドカレーも、ベトナム料理も。
日本でエスニック料理が、日本人向けに変わってるというように、
あまりアメリカ人向けに味が変わっている、ということはありませんでした。

そのことを踏まえて、ライスマンさんでの工夫を見て、
ああ、日本の食べ物は本当に信用されていないのだなあと感じました。
日本の食べ物が信用されていれば、あの場所におくのは
塩おむすびだけで十分なはずです。

消費者の一人として、自分の選択から変えていきたいと
強く思いました。

そのほかにも、スティック状になっているはちみつ
オレンジ、サボテン、イチゴ、いちじくとたくさんの
フレッシュな農作物に触れることができて本当に楽しかったです。
農業の奥深さを知るきっかけをつくってくれた、彩乃さんに感謝です。

出発前日 (土曜日)

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

いよいよ明日の朝のフライトで日本に帰ります。

最初にホテルについて、研修が始まったのがなんだかすごーく前に感じます。

みんなはあっという間だった、というかも知っれないけれど私はとても長く感じました。

それは嫌だったからではなく、自分が今まで経験してきた”学び”のキャパが越えるほどの量の学びがあったからです。1ヵ月で学ぶことを3日で学んでる感じです。

人生って面白いもので、会うべき時に、会うべき人に会うんだよ。

土橋さんがそうおっしゃっていました。

私はたくさん学ばせてくれる土橋さんと、年下なのに仕事がよくできる香子ちゃんに会うべくして会ったんだと思います。

土橋さんじゃなかったら、こんなにも自分の状況を考えられなかったし、あっという間に過ぎて行っていたと思います。

香子ちゃんじゃなかったら、私が年上だからと変なプライドをもってライバルだなんて思えなかったかもしれない。

香子ちゃんはほんとにいいことに気が付いていて、土橋さんにいいねぇ、といわれるのを聞くたびに心の中でチクショウ、今度は私が!とライバル心を少し燃やしていました。

インターン先が土橋さんの会社でよかった、私ともう一人のインターン生が香子ちゃんでよかった、と心からそう思っています。

今日は香子ちゃんが付き合ってくれて、最後の休日を満喫して過ごすことができました。

ファーマーズマーケットに行って試食したりカラフルな写真を撮ったり、歩きながら大熱唱したり、腕を組んでまるで親友のようにショッピングしたり、メイクをしてもらったりしました。

こんなに大切な人たちと出会えたことをうれしく思います。

この出会いや経験を無駄にしないよう心掛けていきます。

絶対に成長して大きくなって会いに行きたいなと思いました。

ほんとにほんとにありがとうございました。

インターン 10日目(最終日)

ブログ

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on TumblrDigg thisShare on LinkedInShare on RedditFlattr the authorBuffer this page

寂しいもので、今日はインターンの最終日でした。

明後日かえります。寂しい!!!

今日はまず朝から今までのインターンを振り返っての発表をパワーポイントで作り発表しました。

初日に箇条書きにしたインターンでの目標、働くとは何なのか、なぜJ-goodsは中華系の人に向けてなのか

という3つが主な内容です。

この2週間で成長したことや反省しているところをしっかり見つめ直し、文字にしました。

しっかり今までを振り返り、見つめ直すことで、初日より確実に成長していると自分でも実感できました。

お互いの発表後はお互いに感想を言い合いました。かこちゃんの発表やパワポの作り方がほんとにすごくて、自分のパワポもこうすればよかったああすればよかったと思うことばかりでした。

お昼は今後日本に上陸すると土橋さんが踏んでいるチポトレというサンドイッチ屋さんに行き、オフィスで食事をしてすぐに次のパワポの準備をしました。

2つ目のパワポはSNSのフォロワーやいいねを増やそう大作戦の結果報告です。

グラフを作成したり、図を入れることで見やすく、かつ分かりやすく、作ることを心掛けました。

この文字におこすことによって、改善点が見えてきて、さらに土橋さんのアドバイスを加えたら、発表後に投稿した後から急にいいね数やフォロワー数が増えてとても驚きました。21日から初めて23日の発表時間3時までで9人増えたのに対し、パワポ終了後3時半から夜10時までで10人増えたんです!!驚きました。

そして私の中で一番すごかった出来事

今夜、ロサンゼルスの真ん中に位置する大きなビルの4階で中華系のバー&レストランのグランドオープニングパーティーがありそこに土橋さんと参加させていただきました。

私が今まで映画で見てきたようなパーティーで、圧巻でした。

洋服も普通ので来てしまい、スニーカーだし、バックはトレジョだしで相当場違いでしたが、たぶんこんなパーティーにお邪魔することは一生ないと思うのでほんとにほんとにいい経験でした。

みんなお金持ちそうで、自信に満ち溢れていて、私の中国人のマイナスイメージとは違く、自分の考えがいかに浅はかだったかを感じると同時に、日本の経済は中国には全く勝てなくなっていることに気づきました。

日本のレストランはこんないい立地の所にオープンできないと思うし、有名人やメディアを呼んでみんなに無料でお酒や食事を提供できるだろうかと思ってしまいました。

インターン最後の日にこんなすごい経験ができたことはほんとうれしく思い、土橋さんに感謝の気持ちでいっぱいです。